陰ヨガって何?陰ヨガでダイエットをするときの7つのポイント

陰ヨガって何?陰ヨガでダイエットをするときの7つのポイント1

「陰ヨガって静かなイメージだけれど、ダイエット効果もあるの?」と、半信半疑な方々へ。
激しい運動が苦手な方にとっては、負荷の軽い「陰ヨガ」でダイエットできるなら、ぜひ試してみたいですよね。
ここではそんなあなたに、陰ヨガでダイエットする際のポイントをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク 


陰ヨガって何?陰ヨガでダイエットをするときの7つのポイント

 

1. 普通のヨガとは違うの?今話題の「陰ヨガ」とは


みなさんはヨガにも「陽」と「陰」があるというのを、ご存じでしたでしょうか。

まず「陽ヨガ」とは、動くヨガのことで、アシュタンガヨガ、ヴィンヤサヨガ、パワーヨガなどがそれに当たります。

これらは、主に筋肉を鍛えることに焦点を当てており、筋肉の緊張と弛緩を繰り返しながら行う、運動量の多いヨガのことです。

これとは逆に「陰ヨガ」とは、静止ポーズをじっくりと時間をかけて保つタイプのヨガのこと。
身体の深部にある関節の周囲の「筋膜」と呼ばれる結合組織に作用して、この部分の可動域をより拡大し、さらに柔軟性をアップさせていくヨガのことです。

ヨガに興味がある方は、この両者の目的や特徴の違いをよく覚えておいてくださいね。

 

2. どんな人におすすめ?知っておきたい陰ヨガの特徴とは


陰ヨガは、普段仕事や家事、育児などで、常に忙しく動きまわっている方や、その忙しさから、いつもイライラしたり、感情を落ち着かせたりすることが難しいと感じている方などに、おすすめのヨガです。

さらに、陰ヨガは動きが緩やかなので、運動が苦手な方でも簡単に挑戦できるヨガです。運動不足の方、身体の固い方などでも、ご自分のペースで行う事ができますので、年齢を問わずどのような方にもおすすめしたい「優しいタイプ」のヨガなのです。

 

3. 下半身ダイエットにも効果的!リンパの流れをスムーズにする陰ヨガ


陰ヨガって何?陰ヨガでダイエットをするときの7つのポイント3

この陰ヨガですが、特に腰まわりの結合組織をゆっくりと広げていくことができるのが特徴です。

骨盤の周囲には、「鼠径(そけい)リンパ節」という場所があります。陰ヨガはその部分を十分に刺激することにより、リンパ液の流れを促進し、脚からお尻にかけて身体に蓄積されている老廃物を、スムーズに排出してくれるのです。

脚のむくみやセルライトを解消し、下半身を痩せやすくしてくれる陰ヨガは、身体の中から健康的に美しくなれるという、非常に有能なダイエット法なのです。

スポンサーリンク 


4. 今日から試したい!簡単な陰ヨガポーズとは


陰ヨガって何?陰ヨガでダイエットをするときの7つのポイント2

ここでは、陰ヨガの基本的なポーズを2つご紹介します。

バタフライ

  1. ヨガマットの上に左右の足の裏側をつけ、両ひざを開き、骨盤を立たせるようにして座ります。クッションなどをお尻の下に敷いてみるのもよいでしょう。
  2. 足の裏同士を合わせ、少しずつ息を吐きながら両手を前につき、だんだんと遠い方に両腕を伸ばしていきます。
  3. おへそから前に倒れるようなイメージで、息を吐きながら頭を下していきます。骨盤の真ん中から、背骨をストレッチするイメージで行いましょう。
    肩の力を抜いて、身体をリラックスさせながら行うようにします。
  4. ポーズを終えるときは、背骨を腰から1本ずつ起こすイメージで、頭を最後に起こすようにしましょう。

 

ドラゴン

  1. ヨガマットの上に両膝をつき、片脚だけ膝を曲げて前に立てるように出し、もう片方の脚は膝をついたまま、後ろにまっすぐに伸ばします。
  2. ふらふらしないよう、両手を膝の上かマットの上に固定して、ゆっくり身体の前方に体重をかけていきます。
  3. 股関節周りをリラックスさせ、両脚を十分開いて気持ちが良いと感じるところまで伸ばしていきます。

 

5. 身体だけじゃない!陰ヨガが秘めた精神的な効果とは


その場所だけ時が止まったように、じっくりと静かに取り組める陰ヨガは、自分自身の内面と向き合い、心を自由に解き放つことができるヨガでもあります。

このため身体だけではなく、「心の緊張を緩和する」といった優れた効果があるのも、陰ヨガならではの特徴です。
さらに陰ヨガは座禅などの際に行う「瞑想」に近いものがありますので、高い集中力を養う効果があるとも言われています。

仕事やプライベートなどで、何かを決断するような場合には、陰ヨガが役に立つかもしれませんね。

 

6. 陽ヨガと組み合わせてバランスをとるとさらに効果アップ


すでに「陽ヨガ」をされている方や、「陰ヨガ」だけでは物足りないという方などは、「陽ヨガ」と「陰ヨガ」の両方を組み合わせて行うと、さらに運動効果がアップしますので、ぜひ挑戦してみましょう。

関節まわりの結合組織については、陽ヨガや負荷の高い運動などを行うだけでは十分ほぐれにくいため、これらの運動を無理して行うことによって、怪我のリスクが高くなってしまいます。

このため、陽ヨガや他の激しい運動を行う前にまず陰ヨガを行い、関節まわりを刺激して柔軟性を高めておくと、その後無理なく身体を動かせるので、怪我のリスクを避けられるというわけなのです。

 

7. 気を付けておきたい陰ヨガを行う際の注意点とは


まず陰ヨガをする時に忘れてはいけないのは、「深く呼吸をする」という点です。深く息を吸ったり吐いたりすることによって、心と身体両方のリラックスを図っていきましょう。深く呼吸をしてリラックスする事で筋肉が緩み、さらに柔軟性を高めることができますよ。

あと非常に大事なポイントですが、痛みを感じるまで無理にやりすぎないことを心がけましょう。人の身体はみなそれぞれ違います。自分が気持ちいいと感じるところまでで結構ですので、できる範囲でストレッチするようにしてください。

さらに頭に入れておきたいポイントは、陰ヨガは静止したポーズを長く続けますので、身体を冷やしがち、ということです。部屋の温度を上手に設定するなどして、なるべく暖かいところで行うようにしましょう。お風呂上がりに行うのも、身体が十分温まっているのでおすすめです。

自信のない方は、「陰ヨガコース」を取り扱っているお近くのヨガスタジオなどで、専門家に指導してもらうのもよいでしょう。

 

あとがき


いかがでしたか。自宅で陰ヨガを行うときは、十分リラックスできるような照明、音楽、アロマなどを利用してムードを演出してみてはいかがでしょうか。こうして色々と工夫することによって、何かと気持ちが沈みがちなダイエット中でも、楽しく長く続けて取り組むことができますよ。

今回は「陰ヨガって何?陰ヨガでダイエットをするときの7つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

まとめ

  1. 普通のヨガとは違うの?今話題の「陰ヨガ」とは
  2. どんな人におすすめ?知っておきたい陰ヨガの特徴とは
  3.  下半身ダイエットにも効果的!リンパの流れをスムーズにする陰ヨガ
  4.  今日から試したい!簡単な陰ヨガポーズとは
  5.  身体だけじゃない!陰ヨガが秘めた精神的な効果とは
  6.  陽ヨガと組み合わせてバランスをとるとさらに効果アップ
  7.  気を付けておきたい陰ヨガを行う際の注意点とは

スポンサーリンク 


Speak Your Mind