ウォーキングダイエットをするときの7つのポイント

ウォーキングダイエットをするときの7つのポイント

「ウォーキングってやってみたいけれど、ダイエット効果はあるの?」と少々疑問を抱いている方々へ。
「過剰な期待は禁物」とは思いつつ、つい即効性を求めてしまうお気持ちは十分お察しいたします。
ここではそんなあなたに、ウォーキングダイエットをする際のポイントについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク 


ウォーキングダイエットをするときの7つのポイント

 

1. 手軽で簡単!「ウォーキング」がダイエットにおすすめな理由とは


ウォーキングダイエットをするときの7つのポイント3

みなさんにもお馴染みの「ウォーキング」ですが、どのようなメリットがあるでしょうか?
まず、ウォーキングにはほとんど特別な道具は必要がなく、誰でも簡単に始められるというのが特徴です。
さらに運動強度が低いので、運動が苦手な方や、年配の方でも無理なく挑戦することができます。
そして、普段忙しくて、スポーツジムなどに行く時間の無い方でも、通勤や通学などの普段の生活に無理なく組み込めることも、最大のメリットのうちのひとつです。
お金の節約にもなり、ダイエットにも効果があるとくれば、一石二鳥ですね!

 

2. ウォーキングはなぜ痩せるの?ウォーキングのダイエット効果とは


ウォーキングは有酸素運動ということはご存知かと思いますが、有酸素運動は血行が促進されますので、活発に脂肪を燃焼し、カロリーを消費する高い効果が期待できます。
さらに有酸素運動は、腸の蠕動運動を活発にしますので、便秘の解消にも効果があります。
また、ウォーキングのような心地良い運動は、ストレスを緩和し、副交感神経を優位にすることができますので、便通をスムーズにする効果も期待できるのです。
加えて、血行やリンパの流れを促進し、筋肉量も増えますので、むくみ防止にもつながります。

 

3. いつやれば効果的?ウォーキングにおすすめの時間帯とは


いつもお忙しい方なら、無理せずご自分の都合のよい時間帯や、通勤・通学などを利用してウォーキングを行えば、十分ダイエット効果はありますので心配ありません。
ですが、もし時間に融通がきくのであれば、爽やかな朝がおすすめです。
朝にウォーキングなどの運動を行うと、体内時計がリセットされ、その日一日の身体の調子を整えることができます。
さらに自律神経も安定し、体温調節も正しく行えるようになりますので、なんとなく不調だった身体も元気を取り戻してくれることでしょう。

スポンサーリンク 


 

4. どうやって歩けばいいの?ウォーキングの際のコツとは


ウォーキングは、5~10分の短時間でも構いませんので、できれば毎日継続して行うのが理想です。
以下は歩く際の姿勢や歩き方のコツになりますので、これらをしっかり踏まえてウォーキング上手になってくださいね。

ウォーキングの際の姿勢や歩き方のコツ

背筋を伸ばし胸を張る
足の親指で踏み出して、踵から着地する
少し息が上がる程度の早歩きをする
こぶしを軽く握り、ひじを90度に曲げ、腕をしっかり振りながら歩く

 

5. ダイエットだけじゃない!さまざまなうれしい健康への効果とは


多くの人たちが続けているウォーキングには、ダイエット効果以外にも、以下のような健康によい効果がたくさんあります。
これを見れば、老若男女が積極的にウォーキングに取り組んでいるのが、非常によく理解できますよね。

ウォーキングの健康効果

ストレス解消
生活習慣病の予防
精神安定、イライラ防止
やる気の向上、集中力のアップ
心肺機能の向上
疲労の蓄積防止
睡眠不足の解消

 

 

6. どのくらい痩せるの?ウォーキングの消費カロリーとは


以下は早足でウォーキングを行った際の、消費カロリーになります。
歩く速度や体重、行う時間によっても消費カロリーは異なりますので、だいたいの目安にしてみてください。

体重 時間 消費カロリー

体重 時間 消費カロリー
50kg 30分 130kcal
60分 260kcal
60kg 30分 160kcal
60分 320kcal

スマホのアプリなどでもウォーキングの際の距離、ペース、消費カロリー、歩行時間などがリアルタイムで把握できるものがありますので、利用するのもよいでしょう。
もし、長期で続ける気持ちがあり、正確に一日の消費カロリーを把握したい方は、「活動量計」を購入すれば、家事などの日常の活動も含めた消費カロリー、歩数、脂肪燃焼量を測定することができますので、さらに便利かと思います。

 

7. たかが歩くだけと侮るなかれ!ウォーキングの際の注意点とは


ウォーキングダイエットをするときの7つのポイント2

まずは、ウォーキングの際の姿勢ですが、猫背で下を向き、ダラダラ歩くのは禁物です。あまり効果が期待できませんので、正しい姿勢を心がけましょう。
当然、歩く前には準備体操や、水分補給をする事を心がけ、無理をしないで行うということも忘れないようにしましょう。
あと、心に留めておきたいのは、ウォーキングを行ったからと言ってすぐに効果が出るわけではないということです。ウォーキングをしているからと言って、食べ過ぎていては一向に体重は減りませんので、生活全般を見直し、ダイエットに取り組むことが肝心です。

 

あとがき


いかがでしたか。いつでも誰でも気軽に毎日の生活に取り入れることができて、ダイエット効果だけではなく、健康への効果もかなり期待できる「ウォーキング」に、さっそく今日からチャレンジしてみませんか。
今回は「ウォーキングダイエットをするときの7つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind