野菜ジュースでダイエットをするときの7つのポイント

野菜ジュースでダイエットをするときの7つのポイント1

「健康的だとは思うけれど、野菜ジュースで本当にダイエットできるの?」と、疑問をお持ちの方々へ。
野菜ジュースしか飲めないダイエットをイメージしてしまうと、最初から挫折しそうになってしまいますよね。
ここではそんなあなたに、上手に野菜ジュースでダイエットする方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク 


野菜ジュースでダイエットをするときの7つのポイント

 

1. どれがおすすめ?野菜ジュースに使いたい野菜や果物とは


野菜ジュースでダイエットをするときの7つのポイント2

食事量を減らすダイエットを行っていると、どうしても栄養バランスが偏りがちです。
しかし、野菜ジュースをダイエット生活に取り入れることによって、不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を、豊富に摂取することが可能になります。
ここでは特に野菜ジュースにおすすめの食材をご紹介します。

野菜ジュースにおすすめの食材

食品名

主な栄養素

効能

小松菜

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム

風邪予防、老化防止、骨粗しょう症予防、動脈硬化予防

ほうれん草

ビタミンA,ビタミンC,カリウム、カルシウム、食物繊維

風邪予防、利尿作用、むくみ防止、美肌効果、貧血予防、高血圧予防、がん予防

アボカド

ビタミンA・B群・C ・E、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維

利尿作用、むくみ防止、高血圧・動脈硬化予防、がん予防、便秘解消、美肌効果

にんじん

ビタミンA、カリウム、食物繊維

風邪予防、高血圧予防、美肌効果、貧血・冷え症の改善、便秘解消、むくみ防止

りんご

ビタミンA・B群・C、食物繊維(ペクチン)、カルシウム、カリウム

風邪予防、整腸作用、高血圧・動脈硬化予防、貧血予防、美肌効果

バナナ

ビタミンB群,ビタミンC,カリウム、食物繊維

整腸作用、精神安定効果、抗酸化作用、免疫力アップ、美肌効果、利尿作用、むくみ防止

 

 

2. 目的別に野菜をアレンジして飽きずに続けられる


野菜ジュースでダイエットをするときの7つのポイント3

「いつも同じ野菜だと飽きちゃいそう」と心配な方でも大丈夫です。
「朝から便秘がち」、「今日はむくみが気になる」など、その日のお悩みごとにレシピをアレンジして、楽しみながらジュースを作ることができます。
水の代わりに豆乳を使ったり、ヨーグルトを入れるなどして風味を変えたり、飲みやすくしたりして、ひと工夫するのがコツです。
りんごは皮付きのまま使うと、ビタミンやポリフェノールを豊富に摂取できます。
以下は目的別のおすすめレシピですが、これらの材料をミキサーに入れて混ぜるだけなので、とても簡単ですね。
コップ一杯(約200ml)を作る際の、大体の目安としては、野菜や果物合計で100g、水分を100mlと考えるとちょうどよいと思います。

目的別野菜ジュースの材料

目的

材料

デトックス

アボカド、りんご、きな粉、水

便秘解消

小松菜、バナナ、きな粉、すりごま、はちみつ、豆乳

むくみ解消

レタス、ほうれん草、キウイ、オレンジ、オレンジジュース

整腸作用

にんじん、マンゴー、オリゴ糖、ヨーグルト

 

 

3. 市販のジュースじゃだめ?手作りジュースでより効果的に


忙しい時には何かと便利な市販の野菜ジュースですが、注意が必要なものもあります。飲みやすくするために、フルーツジュースを多く入れているタイプは、果糖の摂り過ぎとなってしまいますので、なるべく避けるようにしましょう。
あと、市販のジュースは加熱処理が施されていますので、ビタミンや酵素などがほとんど失われている可能性があります。
できるだけ、フレッシュでヘルシーな野菜ジュースを手作りして、栄養をまんべんなく摂取するようにしましょう。
さらに注意点としては、大量に作り置きをすると酸化して、風味を損なう場合があります。面倒がらずに一回一回、摂取する直前に作るようにしましょう。
残留農薬などの心配もありますので、作る前にしっかりと野菜を洗うことも肝心です。できれば使用する野菜は、生産者がわかる安全な有機栽培のものにしましょう。

スポンサーリンク 


 

4. 毎食前に野菜ジュースを摂取して食事量をダウン


野菜ジュースの特徴や効能を理解したところで、次は具体的なダイエットの方法になります。まずは、朝食、昼食、夕食の前に、コップ1杯の野菜ジュースを飲むことから始めましょう。
食事前に摂取することにより満腹になりますので、食事量を減らし、食べ過ぎを防止することができます。
さらに、食物繊維が豊富な野菜ジュースを先に摂取すると、血糖値の上昇を緩やかにしますので、脂肪を溜めにくい体質へと変わる効果も期待できます。

 

5. 一食置き換えダイエットで無理なくダイエット


これは、一日三食の食事のうち、ひとつを野菜ジュースのみに置き換えるダイエット法です。
一番効果があるのは、やはり夕食ですが、どうしても夜中お腹が空いてしまって辛いという方は、何かと忙しい朝食に置き換えるのがよいでしょう。
朝に食物繊維やビタミン、ミネラル豊富な野菜ジュースを摂取すれば、一日の体調も整いますし、バナナを使えば、お腹もいっぱいになって結構満足できますよ。

 

6. いざという時は野菜ジュースで短期間集中「プチ断食」


結婚式や同窓会などの出席が決まっている場合、久々に会う友人たちには、せっかくですから、あなたのほっそりとした素敵な姿を見せたいですよね。
こんな時は、1日~3日間の「短期間集中プチ断食」を行うこともひとつの手です。
しかし野菜ジュースのみの摂取は、身体に大きな負担がかかりますので、ご自身の健康状態と相談しながら、くれぐれも無理のないよう安全に行うようにしてください。

プチ断食の方法と注意点

前日

食事量は普通またはそれ以下にする。脂質の多いものは避ける。水分を多めに摂取する。

一日目

空腹を感じたら野菜ジュースを摂取する。(1日500mlまで)

二日目

 

三日目

おかゆやヨーグルトなど、消化のよいものを少量ずつ摂取していく。

四日目

様子を見ながら、普段の食事量に戻す。

 

7. 野菜ジュースダイエットを行う際の注意点とは


このように美容や健康にも優れた野菜ジュースですが、注意が必要な場合もあります。特に、胃腸や消化器系が弱いという方は、大量に摂取すると下痢や便秘を引き起こす可能性があるのです。
もし、野菜ジュースダイエットを始めて、これらの症状が現れた場合は、摂取する量を減らすか、ダイエットを中止するようにしてください。
健康を損なうようなダイエットを継続するのは、あなたの大事な身体にとって非常に危険ですので、勇気を持って判断するようにしましょう。
 

あとがき


いかがでしたか。「野菜ジュースだけを飲むダイエット」だと、長く続けることは難しいと思いますが、いつもの食生活の要所要所でうまく取り入れることによって、無理なくヘルシーに継続することができると思いますよ。
今回は「野菜ジュースでダイエットをするときの7つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind