腰回しダイエットの効果と5つのポイント

腰

「腰回しダイエットって何?本当に効くの?」と、その効果をあまり信じられないという方々へ。
「コツコツやるのはどうも苦手」という方には、なかなか食指が動かないかもしれませんね。
ここではそんなあなたに「腰回しダイエット」の効果とポイントについて、ご紹介したいと思います。
 
スポンサーリンク 



 

腰回しダイエットの効果と5つのポイント

 

「美容や健康へのメリットも!『腰回しダイエット』の効果とは」


みなさんは「腰回しダイエット」というのをご存知でしょうか。
「腰回しダイエット」とは、数年前にSHINOさんという方が提唱した、「骨盤を整えてダイエットに活かす」ことを主眼にしたダイエット法です。
ダイエットはもちろんのこと、女性にとってはうれしい作用がたくさんありますので、ぜひ注目してみましょう。

腰回しダイエットの効果
ウエストが引き締まり、サイズがダウンする
ヒップラインが引き締まり、位置がアップする
体重が減る
下半身が痩せる
骨盤の歪みが矯正される、O脚が改善される
インナーマッスル(深層筋)が鍛えられる
太りにくい体質になる
血行が促進される
内臓の働きが活発になる
生理痛が改善される

 

1. 場所を選ばず短時間で実行できるので超簡単!


「毎日忙しくて、運動をする時間がない」「負担のあるハードな運動は、私には無理」という方でも、この腰回しダイエットは最適です。
腰回しダイエットは動作もゆっくりで、必要な最小限の筋肉だけを刺激していきますので、効率的にダイエットを成功させることができるというわけなのです。
時間も一日5分程度と、超短時間でOK。仕事や家事の空いた時間に、立って腰を回すだけなので、スペースもとりません。
ダイエットは継続が大事なので、「立ったついでに腰回し」をいつも意識してみてくださいね。

 

2. 体重が減るだけでなく身体全体がきゅっと引き締まる!


腰3

ダイエットというと、どうしても体重を減らすことばかりに気を取られてしまい、食事の量を減らして、体重計とにらめっこ、になりがちですよね。
いくら体重は減っても「寸胴の幼児体型」では、周囲の人たちにはあまり痩せたようには思われないかもしれません。
その点、腰回しダイエットは、特にウエストの引き締め効果が期待できるため、体重に関係なく、見た目が美しく、女性らしい「メリハリのあるボディライン」を獲得することが可能なのです。
ウエストだけではなく、腰周り、太もも周りにも次第に効果は広がっていきますので、下半身が気になるという方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

3. インナーマッスルを鍛えて基礎代謝をアップ!


普段、腰を回すような動きはなかなかしないため、腰やウエスト周りのインナーマッスル(深層筋)は鍛えられることはありません。
しかし、腰回しダイエットのエクササイズで、意識してこの部分を鍛えてあげることで、ただ細いというだけではなく、身体の内側から引き締まった「健康的な美ボディ」を手に入れることができます。
さらにこのことで筋肉量が増えると、基礎代謝がアップしますので、普段何もしていなくても、効率的にカロリーを消費してくれるという「痩せやすい体質」へと生まれ変わることもできるのです。
 
スポンサーリンク 



 

4. 意外な重要ポイント!骨盤を矯正してダイエットに役立てる


腰2

ダイエットの際、わたしたちはなかなか骨盤に注目することはないですよね。
でもこの腰回しダイエット法は、普段の間違った姿勢や生活習慣で、歪んでしまった骨盤を適正な形に戻してあげて、ダイエットや健康にもつなげようというのが主旨でもあります。
骨盤が歪んでいると、内臓が下がってしまい、ぽっこりお腹になってしまったり、腸が圧迫されたりして便秘を引き起こす可能性があります。
さらに内臓と内臓の間に隙間ができてしまい、そこに無駄な内臓脂肪がつく恐れもありますから、侮れないですよね。
そこでこの腰回しダイエットでは、腰を回してインナーマッスルを鍛えることで、骨盤の歪みを矯正し、内臓を適正な位置に戻して、身体の中から正常な機能を取り戻してあげるのです。
骨盤が矯正されると、姿勢もよくなり、さらに見た目が美しくなるのもうれしいポイントですよね。

 

5. 誰でも簡単に挑戦できる!「腰回しダイエット」の具体的な方法とは


腰回しダイエットは特に難しい技は必要なく、誰でも気楽に始められますので、ぜひ今からでも挑戦してみましょう。
その前に注意点ですが、腰や股関節を痛めている方などは、悪化させてしまう可能性がありますので、くれぐれも無理して行わないようにしてくださいね。

腰回しダイエットの手順

両足を腰幅に開き、両手は腰に当てて、まっすぐに立つ

膝を30秒間、曲げたり伸ばしたりする

腰を前後に30秒間動かす

腰を左右に30秒間動かす

おへそを中心にして、腰をゆっくり時計回りに30秒間(10回程度)回転させる

同じく、腰をゆっくり反時計回りに30秒間回転させる

膝にクッションを挟み、お尻とお腹に力を入れて、30秒間締める

ポイント

上半身は固定したまま動かさない

お腹に意識を集中する

息は止めないで、腹式呼吸をする

一日につき5分くらい実行すればOK

 

あとがき


いかがでしたか。「ダイエットには辛い食事制限や、ハードな運動が欠かせないから、自分には絶対に無理!」と信じ込んでいた方にとって、手軽で簡単な「腰回しダイエット」法というのは、きっと「目からうろこ」だったのではないでしょうか。
「ダイエットをするぞ!」とあまり構えることなく、ぜひ今日からでも気軽に「腰回しダイエット」に挑戦してみてくださいね。
今回は「腰回しダイエットの効果と5つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 
 
スポンサーリンク 


Speak Your Mind