お腹が痩せる7つの方法

写真1

お腹を痩せてくびれを手に入れたいと思っている方へ。お腹がパンツにポッコリと乗っかるのは嫌ですよね。お腹がキュッと引き締まっていて、綺麗なくびれができているスタイルに憧れを抱く人が多いと思います。そしてお腹を痩せるのは至難の業です。多くの人が苦労していることでしょう。そこで今回はそんなぷよぷよお腹を解消させるために、お腹を重点的に痩せる方法を紹介していきます。
スポンサーリンク 


 

お腹が痩せる7つの方法

 

その1. 姿勢を正す


お腹を痩せるために何よりも今すぐできることは、姿勢を正すことです。姿勢を意識するだけでお腹は変わります。背筋を伸ばしていつもお腹をぎゅっと引っ張るようにしましょう。姿勢は全ての基本です。姿勢が悪ければ体が歪み、どんどん体もたるんで見えてきます。そして、正しい姿勢を続けるのは簡単なようで難しく、多くの筋肉が必要です。そのため、姿勢を正すだけで、背筋やお尻の筋肉が鍛えられるだけでなく、体のゆがみがとれて血流が良くなり、基礎代謝をアップさせる効果も期待できます。そして特に意識するべきは座っているときです。ついつい気を抜きがちになってしまうので、立っているときも、座っているときも常に姿勢を意識しましょう。美しくスタイルのいい人で姿勢が悪い人はいません。美人は姿勢からです。

 

その2. たんぱく質を多くとる


お腹を痩せるためには筋力が必要です。お腹は体脂肪が多く、筋肉をなかなかつけるのが、難しい場所なので、まずは食事で体脂肪を減らして、たんぱく質を多くとるようにしましょう。痩せやすい体を作るには筋肉は必須です。そして、たんぱく質を多くとることで筋肉をつけやすくもなるので、野菜中心の食事を続けるよりも効果的に脂肪を燃やして、お腹をへこませることができます。ただし、たんぱく質を多く含む食材は基本的にカロリーが高いので、過剰摂取には気をつけましょう。

 

その3. 呼吸を意識する


写真2

お腹を痩せるために必死で腹筋やエクササイズをしている人も多いと思います。しかし、中々痩せることができないために、途中でやめてしまう人も多いですよね。しかし、諦める前に、まずは呼吸を見直しましょう。私たちは普段呼吸を無意識のうちに行っていますが、意識して行うことで、基礎代謝をアップさせることができます。その呼吸法が腹式呼吸です。スポーツ選手や歌手などはこの腹式呼吸を常に取り入れています。胸ではなく、お腹を使って息をする呼吸法で、息を吸うとお腹が膨らみ、吐くとお腹がへこむのが腹式呼吸です。ストレッチをしているとき、腹筋をしているときも、常にこの腹式呼吸を意識して行うだけで、何もせずにやっていた筋トレが2倍以上の効果を発揮することもあります。呼吸法を見直すだけでも、基礎代謝を大きく伸ばすことができるのです。
スポンサーリンク 



 

その4. 便秘を改善しよう


腸の調子が悪いと、ダイエットに悪影響を及ぼす以外にも、肌荒れやシミなどの美容にも悪影響を及ぼしてしまいます。さらに便秘によってガスがたまると、下腹だけポッコリするポッコリお腹になりがちです。便秘はすっきりお腹には大敵なのです。なので、便秘気味の人はお腹を痩せる前に、便秘を治すことに全力を尽くしましょう。便秘が治るだけでもお腹もへこみ、すっきりとした綺麗なお腹を手に入れられることもあります。なので、お腹が痩せないと嘆く前に、体の調子を整えることから始めましょう。

 

その5. とにかく「ひねる」


写真3

お腹を痩せるために腹筋を実践している人は多いと思います。例え数が少なくとも毎日やっている人は、多少効果が出ているはずです。しかし、ただ腹筋をするだけではお腹を引き締めることはできても、くびれを作ることはできません。女性にとってお腹が痩せるとはくびれを作ることだと考えておりますので、くびれを作れなければいつまでも満足できないと思われます。なので、くびれを作るにはとにかく「ひねり」ましょう。いつもの腹筋にひねりを加える、普段のストレッチにひねりを加えたものを取り入れる、これだけで、劇的にくびれを作ることができます。腹筋も大切ですが、お腹の横の筋肉も鍛えなければ、綺麗なくびれのあるお腹は手に入らないのです。なので、綺麗にお腹が痩せたいと思うのであれば、とにかく体をひねりましょう。ひねりを征する者がくびれを手に入れるです。

 

その6. 体を冷やさない


女性にとってもう一つの天敵が「冷え」です。女性の方が冷え性の人が多く、男性よりも遥かに体が冷えやすいですよね。そして体の冷えはダイエットの妨げになります。特にお腹はとても冷えやすい場所です。冷たい飲み物を飲んだり、食べたりするだけで一気にお腹を冷やしてしまい、お腹痩せの妨げをしてしまいます。ハードなエクササイズをした後は冷たいものがほしくなりますよね。しかし、そこはグッと我慢してください。もちろん、水分補給をしないと脱水症状などを引き起こしてしまいますので、水分はしっかりと取ってください。ただし、水分を補給するときは、できるだけ常温で飲むようにしましょう。

 

その7. 空腹時にお腹に負荷をかける


お腹痩せをするときは、腹筋をするにしろ、エクササイズをするにしろ、マッサージをするにしろ、必ず空腹のときにするようにしてください。お腹がいっぱいのときにやると、苦しいし効果も期待できません。さらに食後は体も消化吸収に多くの力を使うので、外からの刺激は逆効果です。なので、お腹を痩せたいと思っているなら、トレーニングは空腹のときにしましょう。呼吸を行うときも空腹のときの方が、多くの空気を取り込んで、長く息をはくこともできます。全ての効果を上げるためにも、お腹を鍛えるときは空腹時を選んで行いましょう。

 

あとがき


いかがでしたか?
お腹は脂肪がたまりやすく、そのうえ痩せにくい厄介な部分です。しかし、姿勢を見直したり、便秘を解消したりするだけでも、お腹痩せにつながるので、生活習慣を見つめなおすことが1番の近道なのかもしれませんね。
今回は「お腹が痩せる7つの方法」を紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーリンク 


Speak Your Mind