脂肪燃焼スープでダイエットをするときの効果と考えたい5つのポイント

脂肪燃焼スープダイエットを始めようとしている方へ
脂肪燃焼スープとはその名の通り、脂肪を燃えやすくするものをたくさん入れたスープを食べるダイエット方法です。スープを飲むだけで痩せることのできる夢のダイエットですが、気になるのはその効果ですよね。
そこで今回は脂肪燃焼スープダイエットの効果とやるときに注意点を紹介します。
スポンサーリンク 


脂肪燃焼スープでダイエットをするときの効果と考えたい5つのポイント

 

1. 効果は高いがリバウンドの可能性も高い


脂肪燃焼スープダイエットの効果は非常に高く、ネット上でもテレビでも評判のダイエットです。1週間で7キロやせたという人もいるほどのダイエットのため、短い期間ですぐに結果を出したい人には特におすすめなダイエットです。元々病院で考え出されたダイエット方法のため、栄養面においてもバッチリで、とても信頼のできるダイエットともいえるでしょう。

さらにこの脂肪燃焼スープダイエットのいいところは、スープであればお腹が空いたらいつでも食べてもいい事と、どれだけ食べてもいいというところです。もちろん、決められたメニューはありますが、それでも食べることを我慢しなくてもいいので、ストレスをあまり感じることなく、続けることができます。

しかし、効果が高い分、リバウンドの可能性も高いのが、このダイエットの注意点です。1週間は決められたメニューで食事制限をしているので、それを乗り切った後に、一気に元の食事に戻してしまい、リバウンドしてしまう人が多くいるのです。リバウンドをしないためにも、終わった後もしっかりとカロリーを考えた食事を心がけましょう。

 

2. 1週間プログラムとは?


脂肪燃焼スープダイエットを行う期間は基本的に1週間です。その1週間は何を食べるかもしっかりと決められており、その通りに痩せればダイエット効果はかなり期待できます。

・1日目 スープと果物を食べる
スープ以外に果物を食べることができます。100%のジュースでもOKですが、砂糖が含まれているものはNGです。ただし、バナナは食べるのは控えた方がいいでしょう。

・2日目 スープと野菜を食べる
スープに入っている野菜以外にも野菜を食べることができます。しかし、油で調理したり、ドレッシングをかけるのはいけません。温野菜に塩といった質素なものを食べるようにしましょう。ちなみにお芋もOKです。

・3日目 スープと野菜と果物を食べる日
1日目と2日目のミックスです。もちろんドレッシングなどはいけませんが、サラダのバリエーションは大きく変えることができますね。

・4日目 スープとバナナを食べる日
スープ以外についにバナナを食べることができる日です。バナナはすぐにエネルギーになり、糖質が高いので、体が欲していつも以上においしく感じます。また、無脂肪牛乳であれば、飲むことができます。

・5日目 スープとお肉とお魚を食べる日
ついにお肉が食べることができます。5日目となればとてもうれしいですよね。ただし、お肉は鶏肉か豚肉を選び、焼いたものか茹でたものを食べて、油やバターで調理したものは避けましょう。また、お魚を食べるのもOKです。

・6日目 スープとお肉を食べる日
6日目にして牛肉を食べることができます。また、ステーキも食べることができます。しかし、できるだけ脂肪の少ないお肉を選び、食べすぎには注意しましょう。

・7日目 スープとご飯を食べる日
ついに待ちに待ったご飯を食べることができます。我慢してきた分、格別においしく食べることができるでしょう。ただし、できれば白米ではなく玄米を食べるようにしましょう。

このように1週間決められたメニューをしっかりとこなすことによって、ダイエット効果が期待できます。そしてプログラムが終了したら、すぐに普通の食事に戻すよりも、胃に優しいお粥などから食べるようにしましょう。

 

3. お酒は絶対にNG


脂肪燃焼スープダイエットの期間中にお酒は絶対飲んではいけません。もし、飲んでしまうと6日目でも、また初めからやり直しです。なので、ダイエット期間中だけでもお酒は我慢しましょう。また、砂糖や甘味料が含まれているのもNGです。揚げ物やパンなども小麦もいけません。鶏肉も皮は取った方がいいでしょう。ルールが多く感じると思いますが、基本的に食べるものは決められているので、余分なものを食べないようにすればいいので、あまり考える必要はありません。

そして野菜スープは必ず毎日1杯は飲むのは徹底しましょう。飽きると思うかもしれませんが、カレーや醤油やチリソースなど、味付けは変えても大丈夫なので、それほど苦になることなく続けることができます。

スポンサーリンク 


4. 体調を崩しやすい


脂肪燃焼スープダイエットは効果が高く続けやすいダイエットですが、体調を崩しやすいので注意が必要です。特に1週間プログラムを初めて2日目に頭痛に悩まされることがあります。これは糖質が不足して、代わりに体脂肪をエネルギーとして使っているためです。なので、あまりにも辛ければ薬を飲むよりも、少しだけ糖質をとれば治ります。

そして5日目まではたんぱく質もほとんどとらないため、糖質とたんぱく質の不足により、頭がぼーっとして集中力がなくなったり、体がふらふらして体力が低下する危険性があります。なので、4日目が最も辛い日と言えるでしょう。ここをどう乗り切るかが山場です。

 

5. 入れる野菜の種類は守るのが大切


脂肪燃焼スープダイエットで飲むスープは、基本的に野菜スープです。そして、中に入れる野菜は6種類で、「ニンジン、トマト、ピーマン、キャベツ、セロリ、玉ねぎ」です。これらの野菜は必須の食材です。他に野菜を増やす分には問題ありませんが、この6種類は必ず入れましょう。セロリがどうしても無理という人は、ニンジンを少し多めに入れるようにしましょう。

また、脂肪燃焼スープダイエットは1週間続けるダイエットです。その1週間はスープを毎日飲まなくてはなりません。しかし、無理は禁物です。ダイエットにおいて、無理をしてストレスを溜めるのは逆効果になります。

なので、どうしても続けられないときは、夜だけスープに置き換えるようにしましょう。それだけでも効果があるのが脂肪燃焼スープダイエットのすごいところです。あまりがちがちなルールに縛られないように気楽にやりましょう。

 

あとがき


いかがでしたか?
脂肪燃焼スープダイエットは効果も高く、安全性も高い優れたダイエットです。

もちろん様々なルールはありますが、他のダイエットに比べたら比較的やりやすく、続けやすいダイエットなのではないでしょうか。しかし、どんなダイエットでも無理は禁物です。効果が高いからと言って、期間を延ばしたり、過度な食事制限はしないようにしましょう。
今回は「脂肪燃焼スープでダイエットをするときの効果と考えたい5つのポイント」を紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind