縄跳びダイエットをするときの7つのポイント

縄跳びダイエットをするときの7つのポイント1

縄跳びダイエットをしている方々、これから始めようとしている方々へ。
縄跳びは小さいころから馴染みもあり、1人でもできるとてもお手軽なダイエットです。
今回はそんな縄跳びダイエットをするうえで重要なポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク 


縄跳びダイエットをするときの7つのポイント

 

1.縄跳びダイエットはまず道具から


縄跳びは100円ショップでも売っていますし、スポーツショップの本格的なものもあります。安く抑えたいから100円でという方は多いと思いますが、使用する「なわとび」選びもとても重要です。まず重さが違います。100円ショップのものでは、およそ100gですが、本格的なものになると3倍の300gになり、同じようにやっていても効果も負荷もまるで違うのです。体力に自信のある方は本格的なものを、そうでない人は軽いものを選びましょう。また、自分の身長に合っていることもとても重要です。使いやすく、自分が続けられると思ったものを準備して、毎日続けることを目標にしましょう。

 

2.準備運動は必ず行うこと


縄跳びは簡単にできるからといって甘く見てはいけません。縄跳びはジョギングやウォーキングと同じく有酸素運動に含まれており、ジャンプをし続けるのには、足首や膝に大きく負担がかかります。まずは、準備運動をしっかりして体をほぐすことが重要です。また、縄跳びを始める前に準備運動や、軽くジョギングをしたりして、体を温めた状態で行うと、さらに効果が高くなります。なので、短期間で痩せたい人は「ジョギング+縄跳び」を行いましょう。そして、運動が終わったあとは、必ずストレッチやマッサージを行って使った筋肉をしっかりとケアしてください。

 

3.場所と服装もちゃんと選ぶべき


縄跳びダイエットをするときの7つのポイント2

硬いコンクリートの上でジャンプし続けては、足にかかる負担が増してしまうので、できるだけ硬い地面を避けて、公園や空き地で行う方がよさそうです。もしくはクッション性の高い靴を履いて実践することをおすすめします。また、女性の方は胸をある程度固定しないと、縄跳びによる上下運動でバストラインが崩れたり、垂れてしまったりしてしまう可能性があるので、スポーツブラを着用して行った方がよさそうです。

スポンサーリンク 


 

4.理想は1分間に60回で20分以上続けること


縄跳びをする時間は20分以上続けるのが理想的です。基本的に有酸素運動は20分を経過後に脂肪が燃焼し始めるため、まずは1秒に1回のペースで20分以上飛び続けられることを目指しましょう。そして慣れてきたら時間を延ばしたり、1分間に飛ぶ回数を増やしたり、3分間1セットのようにセット数を決めていったりと、負荷をあげていってください。ただし、あくまでも大切なのは数ではなく、毎日続けることなので無理は禁物です。

 

5.正しい姿勢でリズムよく行うことを意識する


疲れてくると背中を丸めて飛んだり、後ろ体重になったりしてしまいます。しかし、しっかりとした姿勢で飛ばないと効果が半減してしまい、負担が大きくなってしまいます。脇を引き締め、縄を手首で回し、背中をのばしたままの状態をキープしてください。リズムが狂わないように、低くジャンプして一定のリズムを崩さないよう意識することもとても大切です。特に姿勢が悪いと、本来かかることのないところに負荷がかかり、ケガの原因になる可能性もあるので、注意してください。

 

6.外で行うことが恥ずかしければ家で「エア縄跳び」を


縄跳びダイエットをするときの7つのポイント3

縄跳びをしているところを見られたくない、都会に住んでいてコンクリートジャングルだという方には、家の中でもできるエア縄跳びをおすすめします。その名の通り「縄跳びをするフリ」をするのです。テレビなどを見ながらできますし、いまではエア縄跳び用のダイエットグッズも売っているので、フリだけでは物足りない方は1度探してみるといいかもしれません。ただし、行うのであればしっかりとした服装で、上記に書いたような正しいやり方で行ってください。フリとはいえ、実勢に行えば体に負荷がかかります。いい加減なやり方では、体を痛めたり、不調につながることになるので、本番さながらで行うようにしましょう。

 

7.慣れてきたら次の技に挑戦しましょう


通常の跳び方(前跳び)が慣れてきたらなら、あらゆる技に挑戦しましょう。後ろ跳びをしてみたり、片足をしてみたりと色々な跳び方をすると負荷も運動量もあがり、かつ楽しく続けることができます。特に2重跳びは通常の倍以上の効果が期待できるので、慣れてきたら今度は2重跳びで毎日続けるようにしましょう。小学生の頃を思い出して、楽しみながら少しずつステップアップしていってください。

 

あとがき


いかがでしたか?
縄跳びは小さなころから馴染みにあるものですが、プロのボクシング選手がトレーニングに使うほど、効果の高いトレーニングなのです。さらに、縄跳びには心肺機能やリズム感の向上、そして足だけでなく全身運動の効果もあります。お手軽にできて、効果はかなり期待できる縄跳びダイエットを、ぜひ毎日の習慣にしてみてください。
今回は「縄跳びダイエットをするときの7つのポイント」を紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind