塩サウナに入るときの5つのポイント

塩サウナに入るときの5つのポイント1

「塩サウナってたまに見かけるけれど、やり方がわからないから・・・」と、なんだか躊躇してしまっている方々へ。
常連さんっぽい人たちに混じって、塩サウナに入るには、少々勇気がいりますよね。
ここではそんなあなたに、塩サウナに入るときのポイントについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク 


塩サウナに入るときの5つのポイント

 

1. 普通のサウナと違うの?今ウワサの「塩サウナ」とは


塩サウナに入るときの5つのポイント3

「塩サウナ」とは、サウナ室内で汗をかきながら、皮膚に塩を塗布する入浴法のことです。
一般的にサウナは80~100℃くらいの高温に設定されているのに対して、塩サウナは40~50℃と、やや低温に設定されています。
このため、通常のサウナよりは汗をかくまでに時間がかかりますが、そこでうまく「塩」を使ってマッサージを行い、さまざまな身体によい効果をさらにアップさせようというものなのです。
「普通のサウナは利用したことはあるけれど、塩サウナはまだ未体験」という方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

2. なぜダイエットにいいの?塩サウナの具体的なダイエット効果とは


「塩サウナ」では、溶けた塩を全身に塗り、マッサージをすることで、毛穴の中の老廃物や皮脂を取り除き、血行や新陳代謝を促進させます。
このことで代謝が上がり、余分な脂肪が燃えやすくなるため、ダイエットに有効だと言われているのです。
サウナだけでもダイエットに効きそうですが、さらに塩を有効に活用することで、ダイエット効果をさらに高めようということなのです。
加えてマッサージも行いますので、さらなるダイエット効果も期待できます。

 

3. ダイエットだけじゃない!塩サウナの美容や健康への効果とは


塩サウナに入るときの5つのポイント2

サウナのような温度の高い場所で塩を使ってマッサージすることで、毛穴に詰まった老廃物や皮脂、角質を取り除きますので、皮膚呼吸が活性化されます。
このことで、お肌のハリや潤いがよみがえり、つやつやの美肌を手に入れることができるのです。
美肌効果以外にも、老廃物を排出することによって、疲労回復効果も期待できますし、さらに女性に多い冷え症も改善することができます。
風邪をひきにくくなる、胃腸の働きを促進する、などという効果も期待できますので、ダイエットが成功した後も、健康維持のために、引き続き利用してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク 


 

4. 正しい方法で効果的に痩せたい!塩サウナの入り方とは


「塩サウナの入り方が分からないから・・・」と、今までなんとなく素通りされてきた方でも大丈夫です!
塩サウナは通常のサウナとは違いちょっとしたコツがありますが、とっても簡単ですので、どなたでもすぐに挑戦することができますよ。
以下のステップを正しくおさえて、上手に効果的に塩サウナを活用するようにしてくださいね。

  1. 事前に湯船に浸かるなどして、全身をしっかりと温めておく
  2. コップ一杯の水を飲む
  3. 塩サウナ室に入ったら、全身にまんべんなく塩を乗せる(頭皮も含む)
  4. 汗で塩が溶けるまで、20分程度サウナ室内に留まる
  5. 塩が溶けたら、リンパの流れに沿ってマッサージをする
  6. 肌表面がつるつるになったら、専用のシャワーで塩と汗をしっかり流す

 

5. しっかり押さえておきたい!塩サウナの注意点とは


さて、塩サウナにダイエットや美容、健康への高い効果があるということはお分かりいただけたかと思いますが、利用するにあたっての注意点もあります。
まず、塩がついたまま休憩・水風呂を行うのはマナー違反です。塩サウナを利用した後は、必ず汗や塩を十分洗い落としておきましょう。
塩サウナは中低温とはいえ、十分な発汗作用があります。必ず利用する前や、利用後には水分を補給するよう、心がけましょう。
加えて、マッサージの際によくある間違いというのが、塩をすぐに肌に擦り込んだり、揉みこんだりしてしまうということです。
このことは、皮膚に過度の刺激を与えることになりますので、肌荒れやかぶれ、シミなどの原因になってしまいます。
必ず完全に塩が溶けてから、マッサージするようにしてください。
塩はかなりの刺激がありますので、目の周りやボディのデリケートな部分には付着しないよう、注意するようにしましょう。
特に皮膚に傷がある方は、完全に治癒してから利用するほうがよいでしょう。

 

あとがき


いかがでしたか。いかにもダイエットに効きそうな「塩」と「サウナ」という両アイテムが揃っている「塩サウナ」ですが、上手に活用することで、今後のあなたのダイエット生活の「強い味方」になってくれるのではないでしょうか。
今回は「塩サウナに入るときの5つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind