おおばこダイエットをするときの7つのポイント

おおばこダイエットをするときの7つのポイント1

「『おおばこダイエット』ってドラッグストアでよく目にするけど、本当に効くの?」と疑心暗鬼な方々へ。
ドリンクタイプのダイエット食品で過去に苦い経験がある方は、慎重になるのも仕方ないですよね。
ここではそんなあなたに、おおばこでダイエットする際のポイントについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク 


おおばこダイエットをするときの7つのポイント

 

1. 親しみやすい自然派食品!「おおばこダイエット」とは


おおばこダイエットをするときの7つのポイント3

おおばこダイエットとは、日本でもちょっとした空地や道端、草原などでもよく見かけられる「おおばこ」という雑草の一種を、「サプリメント」や「健康食品」で摂取するダイエット方法です。
ドラッグストアでもよく見かけるのが、粉末状になっているタイプで、これを飲み物に溶かしたりして飲むというのが、おおばこダイエットのスタンダードな方法です。
お腹が満腹になって食べ過ぎを防ぐことができる「おおばこダイエット」に、あなたも挑戦してみませんか。

 

2. 古来より世界中で愛されてきた「おおばこ」とは


このダイエットで使用する「おおばこ」という植物ですが、これはオオバコ科オオバコ属の多年草です。
主にヨーロッパの地中海地方やインド、アメリカでも栽培されており、種子の表面は、水分を含むと粘液質になる性質を持っています。
もともとは、踏みつけられても決して枯れることのない生命力を持つおおばこを、中国では漢方薬として古くから利用してきました。
そしてインドではおおばこは「便秘薬」として、エジプトでは発熱時に「発汗を促進する薬」としても重宝されてきました。
このように、おおばこは世界中で「健康薬」として長年愛されている、安全・安心な植物なのです。

 

3. 飲むだけでお腹いっぱいに!おおばこのダイエット効果とは


おおばこダイエットをするときの7つのポイント2

主にダイエットサポート食品として販売されている「おおばこ」ですが、この種皮は水分を含むと、10倍~50倍に膨れ上がります。このように食物繊維成分がお腹の中で膨らむため、それだけで満足感があり、いつもの食事を減らすことができます。
そしておおばこに含まれる食物繊維は腸内の動きを活発にし、便秘解消にも効果があるため、代謝機能をアップさせることもできます。
加えて、おおばこの種皮の粉末のカロリーはほとんどありませんので、まさにダイエットにうってつけの自然食品と言えるでしょう。

 

4. 平凡だけれどかなり優秀?おおばこの健康への効果について


このように、ダイエットに大変高い効果が期待されるおおばこですが、ダイエットだけではなく、高い健康効果も認められているのです。
まず、おおばこにはコレステロール値を下げる働きがあります。コレステロールが高くなると、3大生活習慣病である「心筋梗塞」「脳出血」「脳硬塞」のリスクが高くなりますが、おおばこはこれらを防いでくれる、かなり優秀な健康食品なのです。

スポンサーリンク 


 

5. 食事の前にこの一杯!おおばこダイエットの具体的な方法について


サプリメントを飲む方法もありますが、多くは粉末タイプのおおばこを豆乳や牛乳、ジュース、アイスコーヒー、水などの飲み物と混ぜて飲むようにする方法が主流です。
そして摂取のタイミングですが、食事する1時間ぐらい前に飲むようにするのが最も効果的。
さらに食事の方もよく噛んでゆっくりと食べるようにすると、早く満腹感を得ることができますので、食事量を抑えることができます。
短期間集中ダイエットであれば、朝食や夕食との置き換えもできますので、体調が万全であれば、そちらに挑戦するのもよいでしょう。

 

6. おおばこを「食べて」さらに満腹感アップ


いつまでもおおばこドリンクを飲んでいては、飽きてしまうという人もいるかもしれませんね。
そんな方にはおおばこを使ったデザートや、おかずのレシピが紹介されていますので、お料理が好きな方は、一度挑戦されてみてはいかがでしょうか。
メニューとしては、わらびもち、おおばこゼリー、寒天、パウンドケーキ、ハンバーグ、チヂミなど、結構アレンジが効きますので、しばらくは飽きが来ないのではないでしょうか。
食べ物であれば噛みごたえがあり、さらに満腹中枢が刺激されますので、かなりおすすめですよ。

 

7. 気を付けたいおおばこダイエットをする際の注意点とは


こちらにおおばこダイエットの際の注意点をまとめましたので、よくご確認の上、安全に配慮して行うようにしましょう。

注意点

  • おおばこだけを摂取し続けることは、必要な栄養素が足りずに、体調を崩してしまう恐れがありますので、あまりおすすめできません。
  • 基本は、おおばこをうまく利用してカロリーを抑えつつ、そのほかの食事から必要な栄養を摂取するよう心がけましょう。
  • 飲む量についてですが、商品の説明書きに従って、1日の摂取目安量を必ず守るようにしてください。
  • 水分が少ないとお腹が張ったり、便秘気味になったりする可能性がありますので、多めの水分を補給するようにしましょう。
  • 体質によりお腹が緩くなることがありますが、その際は、飲む分量を減らすなどして調節してください。
  • 体調や体質に不安がある方や、妊娠中、授乳中の方は、薬剤師やかかりつけ医などにご相談ください。

 

あとがき


いかがでしたか。その辺りに自然に生えている子どもの頃からお馴染みの雑草である「おおばこ」が、ダイエットにも、健康にも、高いパフォーマンスを発揮する優秀な食品だったなんて、思いもよらなかったのではないでしょうか。そんな秀逸な「おおばこ」を、ぜひダイエットで有効に活用してみたいですよね。
今回は「おおばこダイエットをするときの7つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind