置き換えダイエットを成功させるための7つの方法

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s_Fotor

ストレスなくダイエットを行ないたい方や飽きやすい方へ
ダイエットをして美しくなりたいもののダイエットは大変でむしろストレスが溜まってしまうなんて感じる方も多いのではないでしょうか?
この記事では本当に効果を出すための「正しい置き換えダイエット」の方法をご紹介します。

スポンサーリンク 


*置き換えダイエットとは何か?

置き換えダイエットとは、1日3食の内1、2食だけをダイエット食品に置き換えるダイエット法のことです。特定の食品だけを食べて劇的に体重を下げるのではなく1日全体的なカロリーを下げて徐々に体重を減らしていくことを目的としています。ダイエットをしているときの一番の問題は”ダイエットをどれだけキチンと続けられるか”という点です。効果が大きいように思えて無理なダイエットを敢行したとしても続けるのは至難の技です。

さらにたとえ続けられたとしてもそうしたダイエットは身体に良い影響をもたらすことはまずありません。「健康的に」「継続できる」ためのダイエットそれが”置き換えダイエット”です。

 

置き換えダイエットを成功させるための7つのポイント

 

①栄養バランスの良い食品を用いる

三食の内1、2食を置き換えるのですが。効果を出そうとするあまり栄養の全くないような食品を用いないようにしましょう。たとえ体重が減ったとしても、身体には大きな負担となり、悪い場合には体調を崩してしまうことになりかねません。健康的に痩せなければ何の意味もありません。栄養バランスを考えて食材を選びましょう。

またビタミンB系や食物繊維といったダイエットを助けてくれる物質を正しく取らないと、カロリーを抑えた食事でも痩せることはできません。むしろ栄養が来た時に溜め込んでしまうような体質を作り出してしまうかもしれません。

 

②カロリーの低いものを選びましょう。

この”置き換え”の目的は全体的なカロリーを下げることにあります。高カロリーの食品を少しだけ食べることもできますが、その場合満足感が得られずいつか辞めたくなってしまうことでしょう。低カロリーの食品で少し多めに食べても1日の摂取エネルギーに影響を及ぼさないような物を選びましょう。

またIG値という数値にも注目して調べてみましょう。IG値とはその食品を食べた時の血糖値の上がりやすやを示した数値です。血糖値が上がると体は栄養を溜め込もうとしてしまします。なるべく低いIG値の食品を選ぶのが置き換えダイエットの基本です。ダイエット向きの食材とはIG値が60以下である事とされています。
下に幾つかの食品のIG値を載せておきます。参考にしていただければと思います。

名前 IG値
精白米 81
食パン 91
玄米 55
日本そば 54
オールブラン 45
春雨 26

 

③満腹感があること。

ダイエットをしていて大事なのが「満腹感」ではないでしょうか?食べた時にしっかりと満腹感が得られることは重要です。例えば「食物繊維」などを含んだ食品はお腹の中で膨れてくれるため食事の後も満腹感が持続します。

また食べるなら暖かい食品を選ぶのも良い方法です。温かいものの方が満腹感が得られやすいですし、体を冷やさずに済みます。体が冷えていると食べたものを燃焼しようとする働きが鈍くなってしまいます。満腹感がないと最初のうちは我慢できるのですが、次第に空腹感がストレスになってきてしまいダイエットに不利になってしまいます。
スポンサーリンク 



 

④食べやすいものにしましょう。

自分の比較的好きなものを食材として選びましょう。嫌いなものではいつか飽きてしまいます。また味に変化をつけやすい食品であることも重要です。定期的に味を変えることで長期的な”置き換えダイエット”を行うことができます。

ストレスがダイエットには良くないと説明させていただきましたが、ある研究結果によるとストレスを受けた体は”ステロイドホルモン”を分泌することがわかっっています。この”ステロイドホルモン”は食欲増進効果があるため、「どか食い」を助長してしまうことになりかねません。”これなら続けられそう”と感じる食材を探しましょう。

 

⑤いつ置き換えるかに注意する。

置き換えダイエットといっても、いつ置き換えしていいわけではありません。また全部の食事を置き換えて良いわけでもありません。効果的なのは「夕食」を置き換えることです。なぜかと言いますと、夕食のカロリーが一番身体に影響を及ぼすからです。もちろん夕食は一番イベントが入りやすい時です。友達と一緒に飲みに行ったり、会食があったりします。その時は昼などに”置き換えダイエット”を行うとしても、出来るなら「夕食」がオススメです。

 

⑥価格が安いこと。

金銭的な問題もダイエットを長く続ける上で重要な点です。なかなか手に入らない高価なものでは続けていくことはできません。身近にあるもので、決して高価でないものが良いと思います。

 

⑦運動などを組み合わせながら”置き換えダイエット”を行う。

置き換えダイエットを行って体重を減らしたとしても怖いのがリバウンドです。例えば筋力が落ちていれば体の消費カロリーは下がってしまいます。ダイエットをやめた瞬間リバウンドしてしまった何てことになりかねません。

可能なら置き換えダイエットと同時に簡単な運動も行ってエネルギーを消費しやすい体を作りましょう。インターネット上には簡単に自宅でできる運動もたくさん紹介されていますので調べてみてください。 

 

まとめ


置き換えダイエットはとても良いダイエット方法です。無理せず自然と徐々に体重を減らしていくので体への負担も少なくて済みますし、体力を低下させなくて済みます。さらには特別な食品を購入する必要もないですから経済的でもあります。短期間での効果の出方は決して大きくありませんから継続することがどうしても必要です。

今回はそんな置き換えダイエットをより継続的に効果的に健康的に行うための基本的な7つのポイントをご紹介しました。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind