おかゆダイエットの効果と6つのポイント

おかゆダイエットの効果と6つのポイント1

「おかゆダイエットって、本当に効果はあるの?」と、なんだか疑心暗鬼な方々へ。
「ご飯は大好きだけど、炭水化物を食べるとすぐに太ってしまうから」と、つい拒否反応が出てしまうのが辛いところですよね。
ここではそんなあなたに、おかゆダイエットの効果とポイントについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク 


おかゆダイエットの効果と6つのポイント

 

1. いつでも誰でも気軽に挑戦できる「おかゆダイエット」とは


おかゆダイエットとは、一日3食すべて、またはいずれかの「ご飯」を「おかゆ」に変更するというダイエット法です。
ご飯に水を加えてしばらくコトコト煮込めば、かなりかさが増えますので、十分な満腹感を得ることができます。
ここで忘れてはいけないポイントとしては、いつもよりご飯の量を少なくすること。このことで減らした分のカロリーが抑えられ、ダイエットに効果があるというわけなのです。

 

2. どのくらいダイエットに効果があるの?注目したい「おかゆ」のカロリーとは


「そんなちょっとくらい減らしたところで、本当にダイエットに効果あるの?」と、疑念を抱く方もいらっしゃるかと思いますので、実際のカロリーを見てみることにしましょう。
下記の表は、おかゆとご飯をはじめとした他の主食とのカロリー比較表になります。
同じ量でも、おかゆがダントツにカロリーが低いことが、これでお分かりいただけましたでしょうか。

おかゆとその他の主食のカロリー比較表

主食名 100gあたりのカロリー
おかゆ 71kcal
うどん(ゆで) 105kcal
そば(ゆで) 132kcal
中華めん(ゆで) 149kcal
ご飯 168kcal
食パン 264kcal
スパゲティ(乾麺) 378kcal

 

3. 身体にもお財布にも断然やさしいのが「おかゆダイエット」!


おかゆダイエットの効果と6つのポイント3

市販のダイエット食品を利用する際に心配なのが、「体質に合っているかどうか」や「お金がかかるのではないか」ということですよね。
普段食べ慣れている「ご飯」を利用した「おかゆダイエット」なら、味の好みや体質にどう影響するかなどについても特に心配することがなく、安心して利用できるのがうれしいポイントです。
さらに普段のお米を活用すればよいだけですし、米の量を減らした分、出費も抑えることができますので、「おかゆダイエット」は、お得感もあって長く続けられる「賢いダイエット法」といえるでしょう。

スポンサーリンク 


 

4. 夕食のみの置き換えダイエットで空腹知らず!


朝食も昼食もおかゆにした場合、一時的に満足はしますが、ご飯の量は減らしてありますので、「どうしても後でお腹が空いてしまう」という方もいらっしゃるでしょう。
お腹が空いて、お菓子などをつまんでしまっては、元も子もありませんので、そういった方は慣れるまで、夕飯の主食だけをおかゆに変更するという方法をおすすめします。
朝食や昼食をおかゆに変えてしまうと、どうしてもその後の活動時間が長くなりますので、空腹を感じやすくなったり、ぼーっとして頭や体が動きにくくなったり、などの症状に悩まされる可能性があります。
このため、夕食のみおかゆに変更すれば後は寝るだけですので、それらの症状にあまり悩まされることもなく、上手にダイエットの辛さを緩和できるというわけなのです。

 

5. 短時間であっという間にできる!楽チンでおいしいおかゆの作り方


まず、土鍋でおいしくおかゆを作るレシピ(4人分)をご紹介します。
土鍋に研いだ米1カップと、水を5合入れ、強火にかけます。沸騰したら弱火にして、米がふつふつするまで、ゆっくりコトコト煮ましょう。
さあ、たったこれだけで、おいしいおかゆの完成です!
さらに、鍋ではなく炊飯器の「おかゆコース」や、電子レンジを利用すればもっと簡単です。炊飯器や電子レンジに付属しているレシピを参考にして、ぜひ挑戦してみてくださいね。
この際、精白米ではなく、玄米や胚芽米を利用することによって、若干カロリーが抑えられるとともに、身体に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取することができますので、ダイエット中の健康維持のためにもかなりおすすめです。
普段、忙しくて調理の時間が取れないという方には、レトルトのおかゆも発売されています。それらを上手に活用して、無理せず、根気よく続けることを目標にしてくださいね。

 

6. 知っておきたい!おかゆダイエットの際の注意点とは


おかゆダイエットの効果と6つのポイント2

普段食べ慣れている、日本人の食生活になじみの深い「お米」を利用した、安全・安心の「おかゆダイエット」ですが、いくつか注意点もあります。
まずは「おかゆだけを食べる」などの極端なダイエット方法は、栄養バランスが悪く、体調を崩すもととなるので、絶対に避けましょう。
おかゆ以外にも、ビタミンやミネラル、食物繊維たっぷりの野菜や、良質なタンパク質のおかずなどを毎日の献立に上手に取り入れて、栄養素をまんべんなく積極的に摂取するよう心がけましょう。
さらにおかゆは消化がよいため、すぐに空腹を感じることがありますが、くれぐれも間食のし過ぎは禁物です。
加えて、おかゆの付け合せとして、塩辛いものと一緒に食べたりすると、後で甘いものが欲しくなったり、お酒が進んでしまったりすることもありますので、塩分の取り過ぎには注意しましょう。

 

あとがき


いかがでしたか。「おかゆダイエット」は、即効性のあるダイエット法ではありませんので、みるみるうちに痩せるというものではありません。
しかし普段食べ慣れたものを少しアレンジするだけで、手軽にそして簡単に、そして安全・安心なダイエットができる方法として、「おかゆ」を上手にあなたのダイエットライフに取り入れてみてくださいね。
今回は「おかゆダイエットの効果と6つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind