納豆ダイエットをするときに考えたい7つの重要なポイント

納豆ダイエットをするときに考えたい7つの重要なポイント1

納豆ダイエットをしようと考えている方々へ。
納豆ダイエットはとても体によく簡単なダイエットです。しかし効果がすぐに出るものではありません。
そこで今回は納豆ダイエットの効果とするうえで必要なことをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク 


納豆ダイエットをするときに考えたい7つの重要なポイント

 

1.普段の食事にプラスワンするだけの簡単ダイエット


納豆ダイエットとは、1日に1パック納豆を食べるだけのシンプルで簡単なダイエットです。他の食事制限は一切ないので、とても続けやすいダイエットです。納豆がダイエットにいい理由は不溶性の食物繊維、たんぱく質、イソフラボンなどたくさんの栄養素が含まれているため、健康にもよく、美容にもよく、ダイエットにも効果的ととても優れた食材なのです。ダイエットでなくても食べて損はないので、できるだけ食べるようにするといいかもしれません。

 

2.大豆ではなく納豆がいい理由


納豆ダイエットをするときに考えたい7つの重要なポイント2

納豆は大豆でできているため、大豆でも変わりにできるのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、納豆だからこそ効果があるのです。1番の理由はたんぱく質の吸収性です。大豆にはたくさんのたんぱく質が含まれていますが、そのままの状態では消化しにくく、体内に7割ほどしか吸収されません。これが納豆になると、消化されやすくなり、9割以上体内に吸収することができ、さらにビタミンやミネラルなどの栄養も一緒に吸収する働きがあるので、効率よく栄養を取ることができます。

 

3.納豆を食べるなら朝ではなく、夜が最適


納豆といえば、朝食によく並ぶ食材だと思いますが、納豆ダイエットをするのであれば、夕食に食べるようにしましょう。夜はもうあと寝るだけでほとんど活動しないため、カロリーを消費しにくく身になる時間帯です。そこで納豆を食べることによって全体のカロリーを抑えることができます。また、血流の流れもよくなるので、血栓ができるのを防ぎ、病気の予防にも役立ちます。

 

4.冷蔵庫に入った冷たいものではなく、常温で食べる


納豆ダイエットで効果をさらにアップさせるには、納豆を常温で食べるようにするのが効果的です。納豆に含まれる納豆菌は冷蔵庫に入っている間は、活動が緩やかになり、常温ですと活発になるので、体内で活動しやすくなってくれます。なので、食べる少し前には冷蔵庫で出しておいて食べるようにしましょう。そして加熱するのは絶対にやめてください。納豆を加熱するとビタミンや納豆菌が失われ、効果が半減してしまいます。なので、納豆の効力を最大限に引き出すのであれば、常温で食べるようにしてください。

スポンサーリンク 


 

5.納豆は賞味期限ぎりぎりが1番いい


食材に記されている賞味期限、多くの人がこの賞味期限が来る前に食材を食べています。もちろんそれが正解です。ただ納豆に関しては賞味期限ぎりぎりで食べるのが最も効果的なのです。納豆はもともと発酵食材のため、パックに入っている状態でも中で少しずつ発酵をしているのです。なので、より発酵が進んだものの方が、栄養価が高く効果アップが期待できます。特に骨の健康を保つビタミンKについてはかなり増加するといわれているので、できるだけぎりぎりで食べるようにしましょう。ただし、賞味期限が切れてしまったものは食あたりの原因になる危険性があるので、あくまで賞味期限が切れる前に食べるようにしてください。

 

6.組み合わせによってさらに効果がアップ


納豆だけでもかなりの効果が期待できますが、その効果をある食材と組み合わせることでさらにアップさせることができます。毎日食べていたらさすがに飽きるという人にもおすすめで、食材を組み合わせて飽きないようにおいしく続けることができます。

・納豆+キムチ

キムチに含まれるカプサイシンという成分の脂肪効果と、納豆の脂肪を燃焼させやすい体質改善効果の二つが組み合わさりとてもダイエットに効果があるとされています。ダイエットにおいて最強の組み合わせと称されており、できるだけ早く痩せたい言う人におすすめの組み合わせです。

・納豆+レタス

血糖値が上がりにくくなり脂肪の蓄積を抑えてくれる組み合わせで、食事の最初に食べることによって、さらに効果が上がります。ヘルシーでお腹も膨れやすいので、食べ過ぎ防止にもなる組み合わせです。

・納豆+メカブ

ネバネバとネバネバの組み合わせで満腹感が得られるので、食べ過ぎを防ぐこともでき、さらにメカブは低カロリーで、髪のツヤをよくする効果もあるので、髪の悩みとダイエットが同時にできる優れた組み合わせです。

・納豆+オリーブオイル

納豆にオリーブオイルをかけるだけのちょっと変わった組み合わせです。オリーブオイルは腸内環境を整え、便秘解消の効果があります。また、オリーブオイルは油でも吸収されにくい性質をもっているので、余計な心配をする必要もありません。

・納豆+大根おろし

納豆のネバネバが苦手という人はこの組み合わせがおすすめです。ネバネバが緩和され、さっぱりと食べることができます。どちらも食べ物の消化吸収を助ける効果を持っているので、効率良く栄養を体に取り入れることができます。

・納豆+ネギ

定番の組み合わせで、ネギのシャキシャキした食感をプラスすることによって、噛む回数が増え、消化を助けて満腹感を得ることができます。どうしても食べ過ぎてしまう人にはおすすめ組み合わせです。

 

7.食べ過ぎは禁物


納豆ダイエットをするときに考えたい7つの重要なポイント3

納豆ダイエットは「1日に1パック」の納豆を食べるだけです。いくら健康にいいからと言って食べ過ぎると大豆に含まれるイソフラボンの過剰摂取になってしまい、女性ホルモンのバランスがくずれる危険性があります。また、納豆は意外にカロリーが高いので、食べ過ぎると意味がありません。なので、多くても1日に2パックまでとし、それ以上の摂取は控えましょう。

 

あとがき


いかがでしたか?
納豆は栄養素が豊富で、健康にも美容にもダイエットにもいい、いいこと尽くしの食材です。毎日の食事に1つ加えるだけなので、ストレスもないとてもやりやすいダイエットです。大切なのは続けることです。すぐに効果が出ないからと言ってあきらめず、長い目でみて続けてみてください。信じて続けた人には、健康と美が待っていることでしょう。
今回は「納豆ダイエットをするときに考えたい7つの重要なポイント」を紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind