レモネードダイエットをする時に考えたい7つのポイント

スクリーンショット 2015-03-25 14.41.25

「レモネードダイエットって最近聞くけれど、一体どんな方法なの?」と疑問をお持ちの方々へ。
数あるダイエットに挑戦してきたけれど、新しい方法があるならちょっと試してみたいですよね。
ここではそんなあなたに、レモネードダイエットの方法と注意点について、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク 


レモネードダイエットをする時に考えたい7つのポイント

 

1.海外セレブも実践!レモネードダイエットとは


レモネードダイエットは別名、「マスタークレンズダイエット」とも呼ばれ、プチ断食をしながら、レモネードだけを摂取することで、身体の毒素を排出するデトックス方法です。
これは、身体を一回リセットすることで、代謝力、免疫力などがアップされるので、結果的に痩せやすい体質になることができます。
断食というと思わずためらってしまいそうですが、短期間でも試すことができますので、まずは三連休の時などに、3日間集中「レモネードダイエット」に挑戦してみましょう。

 

2.ダイエットを始める前の身体の準備


ダイエットを始める一週間ぐらい前から、野菜中心の食生活を心がけ、刺激物などは避け、あまり食べ過ぎないようにしてください。
ダイエット前日は寝る前に、ハーブティー (ミントティー等)を飲みましょう。甘みをつけたい場合はメイプルシロップを利用してください。ハーブティーは、翌朝の腸内洗浄効果を高めるための飲み物です。十分リラックスして、眠りについてくださいね。

 

3.ダイエットに必要なレモネードと塩水の作り方


レモネードダイエットをする時に考えたい7つのポイント3

ダイエット中に毎朝行うのが、腸内洗浄です。これに使う塩水を作りましょう。
まず、ひと肌くらいに温めた、1リットルの蒸留水に、天然塩を小さじ2杯入れます。この際、食塩は効果が下がってしまうので避けましょう。
次にレモネードの作り方です。
まず、大さじ2杯のレモンの果汁に、大さじ2杯の純粋なメイプルシロップ、小さじ1/10の唐辛子粉を用意して、300ccの蒸留水に混ぜてください。
この二つが準備できたら、さあダイエットスタートです。

塩水とレモネードの材料

種類 材料
塩水 蒸留水(1リットル)、天然塩(小さじ2)
レモネード 蒸留水(300cc)、レモン果汁(大さじ2)、メイプルシロップ(大さじ2)、唐辛子粉(小さじ1/10)

スポンサーリンク 


 

4. ちょっとドキドキ?ダイエット一日目


身体の毒素の75%が腸内に存在する、と言われているのをご存知でしょうか。このため、起きたらまず腸内洗浄を行います。
朝の空腹時に塩水を1リットル飲みます。飲んだ後、だいたい1時間程度は柔らかい便に続いて下痢になります。その後、便がすっかり排出されたら、レモネードダイエットを始めましょう。
レモネードを1日に6~12杯、2時間に1度くらいのペースで飲み始めますが、空腹を感じた時にはいつでも摂取して大丈夫です。1回に飲む量は300ccにしてください。
寝る前に、明日の腸内洗浄効果を高めるハーブティーを飲むのを、忘れないようにしましょう。

 

5.ここが踏ん張りどころ!ダイエット二日目


レモネードダイエットをする時に考えたい7つのポイント1

一日目と同様に、腸内洗浄の後、レモネードを摂取します。
ここで、レモンの効果についてですが、レモンにはクエン酸・ビタミンCが豊富に含まれており、加えてミネラルやタンパク質も含まれています。さらに血液をキレイにしてくれる効果があるとも言われています。
疲労回復や風邪の予防、美肌にも効果がありますので、健康的に美しくダイエットをすることができますよね。
次にメイプルシロップですが、ビタミンとミネラルを豊富に含んでいるので、ストレス解消、精神安定などにも効果があります。さらに抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれていますので、心も身体も健康的なダイエットをサポートしてくれます。
さらに甘味があるので、甘いものが恋しくなるダイエット中には、強い味方となってくれることでしょう。

 

6.終わりはすぐそこ!ダイエット三日目以降


三日目も、一日目、二日目と同様、腸内洗浄とレモネードだけを摂取してください。ここがつらいところですが、もうゴールは見えているので、頑張ってくださいね。
三日目の夜から回復食として野菜スープを取りましょう。
四日目は、朝はフレッシュオレンジジュースのみとし、昼と夜は野菜を多めに摂り、お粥等にするのがよいでしょう。五日目からは通常食(少な目)に戻しても大丈夫です。お疲れ様でした。
野菜スープは、豆類、芋類、玉ねぎ、その他の緑黄色野菜などで作りますが、お好みで玄米を入れてもよいでしょう。
味付けは、塩少々とスパイスだけ。味付けはほとんど必要ありません。素材そのままの味を楽しんで、胃がびっくりしないよう、よく噛んで食べるようにしましょう。
この回復期は非常に重要で、この期間に摂取してはいけないものもありますので、必ず詳細についてはインターネットや本などで、信用できる情報を調べてから慎重に行うようにしてください。

 

7.レモネードダイエットの際の注意点


このダイエット法で使用する、レモン、メイプルシロップ、塩、野菜、オレンジなどの材料は、天然のものや、無農薬、オーガニックのものなど、できるだけ身体によい素材を使用するようにしましょう。
そして、これはいわゆる断食の一種ですので、必ず体調が万全の時に行うように心がけてください。もし、ダイエットの最中に気分や体調が悪くなったり、自分には合わないと感じたりしたら、無理して続けることはやめましょう。
くれぐれも身体の調子に十分注意を払いながら、ご自分の体質や体調に合った方法で、慎重に取り組むようにしてくださいね。

レモネードダイエットの流れ

日程 飲食について
ダイエット前一週間 野菜中心、刺激物・食べ過ぎを避ける
ダイエット前日夜 ハーブティーを飲む
ダイエット一日目~三日目 塩水摂取、レモネード摂取
三日目の夜 野菜スープ
四日目 朝はオレンジジュース、昼夜は野菜とおかゆなど
五日目 通常食

 

あとがき


いかがでしたか。急なお誘いがあって、すぐにでも痩せたい!という方には、「レモネードダイエット」は効果バツグンの方法で、あのビヨンセもこの方法で減量に成功しています。
この方法は自分に合いそう!と感じたあなたはぜひ「レモネードダイエット」で、セレブのようなパーフェクトボディを手に入れてみてくださいね。
今回は「レモネードダイエットをする時に考えたい7つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind