ダイエットピルはどれくらい効果があるのか?使うときに考えたい9つのポイント

99dbd51dadca67d1d9661a0d4d0569ed_s_Fotor

肥満で困っている方やダイエットピルに興味のある方へ
「脂っこい物を食べてもなかったことにしてくれる薬があったらなー」。出来れば苦労せずに痩せたいのが誰もの本音ですね。ダイエットピルを使えば願いが叶うかもしれません。
今回はダイエットピルの効果と使う時に考えたい9つのポイントをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク 


 

ダイエットピルはどれくらい効果があるのか?使うときに考えたい8つのポイント

 

1.ダイエットピルとは何か

最近若い女性の間で話題の「ダイエットピル」とは医師の処方する「痩せ薬」のことです。
ダイエットピルは一般的なダイエット食品とは全く別物で「医薬品」です。ダイエットサプリメントといったものと比べてもその効果は絶大です。
無理な食事制限や運動をすることがなく、薬を飲むことで痩せていくので、続けやすいというのも利点です。
しかし「薬」ですから、副作用はつきものです。効果が大きいということはそれだけ体に大きな負担をかけていることにもなり「危険度」も決して低いわけではありません。
ですから効能や副作用など正しい知識をを身に着けた上で使用することが必要となってきます。

 

2.ダイエットピルの種類

世界中には数多くのダイエットのための薬が存在しています。よく用いられるのは3、4種類くらいのダイエットピルです。

  • 「ゼニカル」
  • 「リダクティル」
  • 「サノレックス」
  • 「ゼチーア」

などがよく聞かれるダイエットピルです。ちなみに日本で唯一認可されているのが「サノレックス」です。

これまで多くのダイエットピルが肥満の治療に使われてきました。しかし後に使用禁止になったピルも多くあります。

例えば、「セドリン」という名前で以前日本でも売られていた薬がありました。後になって副作用があることがわかって日本では使用が禁止されたようです。

これはほんの一例ですが、ここからお分かりのように中には副作用などが危険なダイエットピルも存在しているということですね。後ほど詳しく説明したいと思いますが購入の際にはよく調べてから買うようにしましょう。

 

3.ダイエットピルはなぜ痩せるのか?どんな人には効果がないか?

作用は大きくは2つに分けることが出来ます。一つは食欲を抑制させる作用の薬【食欲抑制剤】です。「リダクティル」や日本で唯一認可されているダイエットピル「サノレックス」もこのグループに分類できます。

もう一つは脂肪の吸収を阻害する薬【脂肪吸収阻害剤】です。これには「ゼニカル」や「ゼチーア」といったダイエットピルが含まれています。

⑴食欲抑制剤…このダイエットピルを飲むとお腹が一杯になったような感じになります。そのように体に錯覚させることで食事の量が自然と減ります。食事量が減れば自然に痩せていくという仕組みです。一般的には一ヶ月で3−4kgのダイエット効果があると言われています。
【参考】リダクティル:一箱/約30日分5000円前後

⑵脂肪吸収阻害剤…通常食べたものは胃で分解されて腸から吸収されます。吸収された栄養素は使われないと脂肪として体に貯まっていきます。腸が脂肪を吸収するためには胃の中でリパーゼという酵素が働いて吸収できる形に分解する必要があります。

脂肪吸収阻害系のダイエットピルはリパーゼの働きを抑制する作用をもっています。つまり、脂っこい食事をしても脂肪分は栄養として吸収されることなく体を通り過ぎてしまうわけですね。

いつも通り食べても摂取カロリーは少ないので自然に痩せていくという仕組みです。

ゼニカルというダイエットピルであれば脂肪の吸収を30%抑える効果があるようです。
【参考】ゼニカル:一箱/二週間分5000円前後

どちらのダイエットピルも摂取するカロリーを減らして痩せさせるだけで、もともとお腹についている皮下脂肪に効果を発揮するわけではありません。また既にダイエットをすでに行っていて、脂っこいものや肉類など高カロリーの食事を避けている人も、あまり大きな効果を期待できないともいえますね。
 
スポンサーリンク 


 

4.ダイエットピルの副作用:体への影響

スクリーンショット 2014-11-26 12.44.31

⑴食欲抑制剤の場合

便秘の悪化、喉の渇き、だるさ、不眠障害といった副作用がでる可能性があります。

食べる量が減るので便の量も減ります。それで元々便秘気味の体質の方は余計に便秘がヒドくなることも考えられます。食物繊維を含んだ食事を積極的に摂るように心がけてください。

その他には喉の渇きといった副作用が現れるようです。水分を取るときは水やお茶などのカロリーがないもので潤してください。時に眠くならないという障害が起こることもあります。

その場合体は不眠からくるストレスにより高血糖状態になり糖尿病になる危険性もあるようです。あまりのダルさや逆にひどい不眠症害で生活に支障が出るようであれば使用を控えたほうが良いかもしれません。

こうした副作用の他に多くのクリニックでは下記のような患者には処方を控えていることが多い様です。

  • 妊娠中、授乳中の人
  • 高血圧の持病がある人
  • 心臓病の持病がある人
  • 糖尿病の持病がある人など

もし自分がこうした項目に該当するようでしたら、購入する前に医師に相談することをお勧めしたいと思います。

⑵脂肪吸収阻害剤の場合

健康に及ぼす被害というわけではありませんが、脂肪分が吸収されずに排出されるため排出物は固形というよりは液体に近い状態になります。

このほかにも多くのクリニックでは下記のような患者には脂肪吸収阻害剤の処方を控えていることが多い様です。

  • 妊娠中、授乳中の人
  • 腸に持病のある人
  • 胆嚢に異常のある人

もし自分がこうした項目に該当するようでしたら、購入前に医師に相談することをお勧めします。

 

5.ダイエットの副作用:栄養素の偏り

これは特に「脂肪吸収阻害剤」を使用する際に気をつけなければいけない点です。脂肪分に溶け込んでいる栄養素が脂肪分と一緒に排出されてしまうため、いくつかの栄養素(ビタミン類)が不足する傾向があります。

ビタミンA、D、E、Kといった栄養素は脂肪分に溶け込んでいます。食事の際はこれらの栄養素を少し多めに摂取するようバランスを考えてください。

 

6.通販でダイエットピルを購入するときの注意点

インターネット上では様々なお店がダイエットピルの販売を行っています。しかし、日本で正式に認可されているには「サノレックス」というダイエットピルだけです。もちろん「サノレックス」を用いる際にも注意は必要ですが、それ以外の薬を購入して用いる際は十分に成分を調べてから用いるようにされてください。また目的などを考慮し適切なダイエットピルを選びましょう。体調の悪い時や持病を持っている方などは使用する前に必ず医師に相談してください。

 

7.個人輸入するときの注意点

インターネット上では海外のダイエットピルの個人輸入代行業者が多く存在しています。大変便利ではありますが注意は必要です。中には質の悪い商品であったり危険物質が含まれているダイエットピルを販売する悪徳業者も存在しています。

安いというだけで安易に購入しないでください。医師に相談して指導を仰ぐようにしましょう。

 

8.ダイエットサプリとの違いとは?

スクリーンショット 2014-11-26 12.47.09

ここまでで考えてきた注意点を考慮してダイエットピルは避けてダイエットサプリを使用することにした人も多い様です。ダイエットピルは”薬”ですが、ダイエットサプリは”健康食品”に分類されています。

薬ではないのでダイエットピルほどの効果を期待できないかもしれませんがリスクも低くなります。健康面で心配のある方はダイエットサプリを使用される方がいいかもしれません。
補足になりますが、ダイエットサプリにも危険がないわけではありません。サプリメント同士にも相性があります。正しい知識で服用しないと健康に良くない影響を及ぼすこともあります。

またサプリの摂りすぎも悪影響になることがあります。決して使用量を超えて用いないようにしてください。

 

9.少しでも不安がある時は医師に相談を

ダイエットピルによるダイエットは、厳しい食事制限や脂肪吸引の手術と違って手軽にできるため、「飲めば痩せる」と安易に考えてしまいがちですが、そんな魔法の薬があったら太っている人はすでに世の中に一人もいません。
ダイエットピルはあくまでも減量をお手伝いする薬です。同時進行で生活習慣の改善に取り組むことも必要になってきます。

医師の処方の元、適正に服用すれば強い味方となってくれるので、少しでも不安がある時は医師に相談をしてください。
医療機関ではドクターが診察をして、標準体重を大きく上回る方のみに処方をおこないます。逆を言えば「ちょこっと痩せたい」くらいでは効果より副作用のリスクの方が大きくなることを頭に入れておいてください。

上記にかいたように個人輸入などでも手に入りますが、偽物を掴まされることもあります。安いからと安易に手を出さず、しっかり調べることが大切です。

 

あとがき


最近話題のダイエットピルについて取り上げてみました。大きな効果も期待できる一方、副作用なども大きいことがご理解いただけたのではないでしょうか。

もちろん一番は運動などを通して健康的にやせることが良いわけですが、どうしてもダイエットピルという秘密兵器を使いたいという場合はまず医師に相談してから用いるようにしてください。

今回は「ダイエットピルどれくらいの効果があるか?使うときに考えたい8つのポイント」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind