自分にあったダイエットを見つけるための7つの方法

0416f5007c26cbcff3592f3cd822360b_s_Fotor

これまでダイエットに惨敗してきた方やダイエット方法の選び方にお悩みの方へ
ダイエットにもいろんな種類があって正直どれが自分に合っているのか悩んでしまうことあるのではないでしょうか?
この記事を読めば「私のためのダイエット」を見つけることがきっと出来るようになります。

スポンサーリンク 


ダイエットも流行りものと言われます。昨日まで注目されていた方法が次の日にはもう”誰もやらない””昔の”ダイエット方法なっていることもしばしば。どれが本当に自分にあった効果的なダイエットなんだろうって誰しもが考えてしまうと思います。

中には流行りのダイエットを次から次に試しては失敗の繰り返しでちょっとダイエットに対して疑心暗鬼的な感じになってしまっている人もおられるかもしれません。

この記事では、”自分にとって一番のダイエット”を見つけるための7つのポイントを紹介します。

*自分にあったダイエットを見つけるための7つの方法


  1. ライフスタイル
  2. 食生活
  3. 体質
  4. 運動習慣
  5. 性格
  6. それ以外の原因(ストレスなど)
  7. 何を目指したダイエットか

それぞれを詳しく見ていきましょう。

①【ライフスタイル】が太った原因?

7ff1344e4672d61bf66afc12322bb946_s_Fotor

太りやすいライフスタイルというものがあります。例えばあなたの仕事はデスクワーク系ですか?仕事で一日ほとんど動かないような状況であったりしていると慢性的な運動不足になってしまっているかもしれませんね。また座る時の姿勢はどうでしょうか?前かがみの猫背の姿になっていないでしょうか?正しい姿勢じゃないと骨盤が歪んでお肉がつきやすく、また代謝の悪い体になってしまいます。

職場でありがちなもう一つの問題は、冷房の効きすぎです。冷房の当たるところにいる方、もともと冷え性で悩んでいる方は冷房の環境に毎日いると冷え性になったり、悪化してしまったりします。冷え性は「太り」の原因になります。冷え性になると体の基礎代謝が下がってしまいますし、内臓の働きも弱くなってしまいます。

また自宅での過ごし方も考えてみるといいと思います。一週間の疲れを癒すためについついゴロゴロの週末を過ごしていることはないでしょうか。このように気にしていなかった普段の生活スタイルや環境が太る原因になっている可能性は十分に考えられます。

(参考情報)
・腸の動きが鈍っていることが太る原因になっているなら食物繊維や腸内環境を整える食品でのダイエットが効果的かもしれません。また冷え性気味の方は「半身浴」などの血行を良くするダイエットや基礎代謝を上げる食材でのダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

②【食生活】が太った原因?

6a9e1df1612b89fba93fcc5a92a46cba_s_Fotor

食べることと体型はもちろん大きな関係があります。食生活を見直すのはとても重要なことです。例えば好き嫌いが多いということはないでしょうか?そのような方は栄養素が偏ってしまっていて栄養を上手く体が燃焼できていないのかもしれません。どんな栄養素が足りていないのか調べてみましょう。また総合栄養食的な食材を使ったダイエットなどがありますからそうしたものを活用して栄養素のバランスを取りながらダイエットを行うのも良い方法かもしれませんね。

(参考情報)
体の燃焼効率を高めるダイエットにはこのようなものがあります。
(にがりダイエット⇒http://dietizm.com/nigari-13-20141124/
甘酒ダイエット⇒http://dietizm.com/ama-sake-16-20141204/など)

栄養素のバランスが良いとされる食材のダイエットにはこのようなものがあります。
(アサイーダイエット⇒http://dietizm.com/acai-berry/など)

仕事が忙しい、お昼に決まった時間をとって食事ができないなどの理由で早食いの習慣が身についてしまっている方もおられます。そのような方は一回の食事量が決まって入るタイプのダイエットがいいかもしれません。食べ過ぎを防ぐことができます。

 

③【体質】は?

最近は冷え性体質の方が増えています。「もともとそういう体質だから」と諦めないでください。食材によって体質を改善していくことも可能です。(冷え性については①の参考情報内で説明しています。)
もともと代謝があまり良くない体質の方もおられます。こうした場合も冷え性と同じように体の燃焼効率を高めながら行うダイエット方法が効果的かもしれません。
スポンサーリンク 



 

④【運動習慣】が太った原因?

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_s_Fotor

職場の環境の為、または年齢の為などで最近運動の量が減ってしまったということはないでしょうか?いくら食べ物でダイエットしようとしても運動が行われないと痩せることはできません。運動を中心としたダイエットがオススメです。さらにはコーヒーのカフェインなどのような運動時に脂肪を燃やしやすくする食品のダイエットを併用することで、よりダイエット効率を上げることもできると思います。

 

⑤性格

飽きやすい性格でしょうか。我慢できる性格でしょうか?
継続してできるタイプであれば、一日一食置き換えダイエットなどは効果的かもしれません。体にも負担が少なく済みます。もし飽きやすい性格なのであれば、短期集中で痩せるダイエット(例えば炭水化物をカットする方法や完全食事置き換えダイエットなど)は体には少し負担位なりますが、短期で効果の出やすいダイエットなどが良いかもしれません。

 

⑥【それ以外の原因】が太った原因?

最近多いのがストレスが原因で太る場合です。
この場合、しっかりと休息を取ることはもちろんながら、運動系のダイエットでストレス発散を行うのも良いかもしれません。また甘酒ダイエット、下半身入浴ダイエットなどのリラックス効果もある食材でのダイエットがいいかもしれません。

 

⑦【ダイエットの他に求めることは?】

ダイエットといっても幾つかの種類があると思います。一つは「体重を落とす事だけ」を目的としたダイエットです。炭水化物をカットするアプローチのダイエットなどがこれに当たると思います。しかし、こうしたダイエットは多くの場合体への負担が大きいものです。治療のような目的で短期で行うのであれば良いのですが、継続的に行えるダイエットではありません。

もう一つは「美容・美肌効果も期待したダイエット」このダイエットは栄養をカットして痩せるというのではなく、正しい栄養素を補うという形でアプローチする方法です。体が綺麗に栄養素を活用できるよう助けることが重視されています。
さらには「健康的な体」を目指したダイエットもあります。多くの場合、運動を行って食べたカロリーを消費するというアプローチが多いかもしれません。
自分が目指しているのは何か「目的」を考えてみましょう。

 

編集後記


流行っているダイエットだけが最高のダイエットというわけではありません。それぞれダイエットを必要とする理由は違います。ダイエット選びの際は7つのポイントを軸に探してみましょう。きっと必ず”自分にとって一番のダイエット方法”を見つけることがと思います。今行っているダイエットの効果に疑問を持っている方も是非いま一度分析してみましょう。

今回は「自分にあったダイエットを見つける7つの方法」という記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind