糖質ダイエットをするときの7つのポイント

写真㈰

糖質ダイエットを始めようとしている方へ。多くの人が行い、今や代表的なダイエット方法になってきている糖質ダイエットですが、簡単そうに見えてなかなか続かない人が多いようです。そこで今回は糖質ダイエットを始めようとしている方に、効果を上げる方法や、成功させるためのポイントを紹介します。
スポンサーリンク 


 

糖質ダイエットをするときの7つのポイント

 

1. 糖質ダイエットとは?


糖質ダイエットとは正確には糖質制限ダイエットのことで、全く糖質をとらないということではありません。なぜなら、糖質は三大栄養素の1つのため私たちは必ず摂取しなければならないからです。そのため、糖質ダイエットでは主にご飯や麺などの炭水化物を抜いて、野菜などで必要な糖質を摂取するダイエット方法です。日本人はお米が好きですよね。主食であるご飯を抜くのですから、ご飯が好きな人にとってはとても苦痛を伴うダイエットです。糖質ダイエットを始める前に、「自分はご飯を食べなくても我慢できるかどうか」を真剣に考えてから始めましょう。

 

2.しっかり3食しっかり食べる


糖質ダイエットは食事を抜くダイエット方法ではありません。なので、1日3食を食べることがとても大切です。エネルギーの核となる糖質を制限するので、他の栄養素でエネルギーを補う必要があります。特に良質な油をとることは血中のコレステロールや中性脂肪を排出し、ダイエットに有効とされています。ダイエットのときに食事をとらない人が多くいますが、食べないダイエットはリバウンドを引き起こすだけです。ダイエットで最も大切なのは、しっかりと1日3食を食べて健康に痩せることなのです。

 

3.エネルギー不足になりやすい


写真㈪

糖質ダイエットは体を動かすうえで1番のエネルギーになる炭水化物を抜くため、エネルギーが足りずに、ふらふらしたり、糖質が少ないため集中力がなくなったりする可能性があります。仕事をしていても途中で頭がぼーっとしてきて、仕事にならないこともあるので、無理な糖質ダイエットをするのは危険です。なので、効果がでるからとあまりにも長い期間続けるのは避けて、最高でも1ヶ月を目安に行うようにしましょう。
スポンサーリンク 


 

4.たんぱく質と脂質をとりすぎてしまう


糖質ダイエットを実施したときは、主食のご飯や麺の代わりに肉や魚を多く食べるので、たんぱく質や脂質を多くとりすぎてしまう傾向があります。そしてたんぱく質や脂質は糖質と違って、余っても体内に蓄えられないので、処理をする肝臓に大きく負担をかけてしまいます。さらに、糖質を多くとりすぎると動脈硬化や高血圧、心筋梗塞を引き起こしてしまう危険性があります。ただし、脂質=悪いものではありません。良質な脂質はとても必要ですし、たんぱく質も必ず必要な栄養素です。大切なことは良質な脂質とたんぱく質を適度な量摂取することです。主食の代わりだからと言って取りすぎるのは危険なのです。

 

5.運動をするなら注意が必要


ダイエットのときは食事制限をして、適度な運動をすることが効果的と言われていますが、糖質ダイエットのときは、できるだけ運動を控えた方がいいでしょう。糖質は体を動かすためのエネルギーです。糖質を全く摂らずにハードな運動をした場合、体が耐えきれずに疲労で倒れてしまったり、疲れがいつまでも抜けない副腎疲労症候群を引き起こす危険性があります。糖質ダイエットは基本的に運動を全くしなくても大丈夫なダイエット方法です。そのため、糖質ダイエットをしているときに運動をする場合は、運動をする前に必ず少しは糖質をとりましょう。すぐにエネルギーになるバナナなどがおすすめです。
 

6.リバウンドに注意する


写真㈫

糖質ダイエットは効果が高い分、リバウンドしやすいダイエットでもあります。もちろん、基本的に食事制限ダイエットはリバウンドしやすいダイエットです。食事を制限しているため、それを辞めてしまえば戻るのは当然です。糖質ダイエットは糖質をとらない代わりにたんぱく質や脂質を多くとるので、体が糖質ではなく、たんぱく質や脂質を吸収しやすい状態になり、少しの糖質でもしっかり体が動く低燃費な体になります。その低燃費の状態のときに、いきなり炭水化物を多く摂取する生活に戻したら、体が前よりも処理しきれずに、太ってしまうのです。なので、糖質ダイエットで体重が落とせたとしても、いきなり、元の食生活に戻るような極端なことはやめましょう。

 

7.食べ方も効果に影響がでる


糖質ダイエットは血糖値を上げないことが目的のダイエット方法です。そのため食べ方も血糖値を上げない方法をとる方が効果的です。まず、食べる順番を考えるだけでも血糖値の急激な上昇を抑えることができます。まずは、野菜やキノコ類などの食物繊維が含まれているものを食べ、次に肉や魚を食べ、最後に糖質の含まれているものを食べるようにしましょう。さらによく噛んで食べることによって、満腹感を得ることができるので、血糖値の急激な上昇を避けることができます。どうせやるのであれば、効果を高めるためにも食べ方から意識するようにしましょう。

 

あとがき


いかがでしたか?
糖質ダイエットは簡単にやることのできるダイエットですが、メリットもデメリットもあります。安全に痩せるためにもしっかりとしたやり方で、注意点を意識してやるようにしましょう。大切なことは無理をしすぎないことです。自分のペースでできる範囲から始めて健康的にダイエットを成功させましょう。
今回は「糖質ダイエットをするときの7つのポイント」を紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございます。
スポンサーリンク 

Speak Your Mind