玄米ダイエットする時に考えたい7つのポイント

玄米ダイエットする時に考えたい7つのポイント1

「玄米ってお米でしょ?ダイエット中に食べていいの?」と躊躇している方々へ。
主食制限で何かとキツいダイエット中に、「ご飯を食べてもOK」なんて、かなりの朗報ではないでしょうか。
ここではそんなあなたに、玄米ダイエットをする際のポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク 


玄米ダイエットする時に考えたい7つのポイント

 

1. 日本の伝統食「玄米」を使ったダイエットとは


玄米ダイエットする時に考えたい7つのポイント3

「玄米ダイエット」とは、食べる量を減らさずに、いつもの主食を「白米」から「玄米」に置き換えるだけのダイエット。無理な食事制限は必要ありませんので、「ご飯大好き!」なあなたでも、ちょっとした工夫で気軽に挑戦できるダイエット法なのです。

白米と玄米のカロリーにはあまり違いはなく、ほぼ同じなのですが、なぜ玄米のほうがダイエットに向いているのでしょうか。

それは、「玄米」とは、精米されていないお米のことを指し、「白米」は、この玄米から「胚芽」や「ぬか」を取り除いた物になります。この胚芽やぬかにたくさんの栄養素(ビタミン、ミネラル、食物繊維など)が含まれているため、玄米は「白米より健康的で効率的にダイエットができる優れた食品」と言われているのです。

 

2. 食物繊維が豊富な玄米で食べ過ぎ防止&デトックス


まず玄米に豊富に含まれるのが「食物繊維」です。これを積極的に摂取することで、女性の悩みで多い「便秘」の解消や、老廃物の排出効果が期待できます。

さらに、食物繊維を豊富に含む玄米は非常に歯ごたえがあり、よく噛むことで満腹感が獲得できます。加えて、その満腹感が長く持続するので、食べ過ぎや間食も防止してくれるという、ダイエットへの高い相乗効果が期待できる秀逸な食材なのです。

 

3. 血糖値をコントロールして脂肪を溜めない体質に


みなさんも普段よく耳にする「GI値」ですが、白米のGI値は70、玄米は50となっています。「GI値」とは、その食品が体内で糖に変化し、血糖値が上昇するスピードを計測したもの。GI値が低い食べ物ほど糖の吸収が緩やかになるため、血糖値の急上昇を防ぐことができ、身体に脂肪を溜めにくくすることができます。

GI値の低い食品は腹持ちもよく、間食や大食い、早食いなどを防止してくれます。玄米などの低GI値食品は、ダイエットに積極的に活用したい食材ですので、よく覚えておくようにしましょう。

スポンサーリンク 


 

4. 健康効果も期待できるヘルシーで安心な玄米


玄米ダイエットする時に考えたい7つのポイント2

玄米は胚芽やぬかに栄養がたくさん凝縮されているため、「完全栄養食」とも呼ばれているのをご存知でしょうか。この部分にはたんぱく質、ビタミン、ミネラル等が豊富に含まれており、ダイエットだけではなく、美容や健康への高い効果も認められています。

玄米に含まれる主な栄養素とダイエット・美容・健康への効果

栄養素

効能

ビタミンB1

糖質・脂肪の代謝促進

ビタミンE

活性酸素の中和、老化防止

カリウム

利尿作用、むくみ解消、シワの予防

たんぱく質

細胞の生成、肌のターンオーバーの促進、老化防止

食物繊維

整腸作用、老廃物の排出、美肌

 

 

5. 苦手な人でも大丈夫!玄米のおいしい頂き方とは


「玄米はちょっと苦手」という方の中には、玄米は「硬すぎる」「パサパサしている」「独特のにおいがある」「炊くのに時間がかかり大変そう」などというイメージを持たれている方も多いと思います。

しかし、ちょっとした工夫だけで、玄米をおいしく頂く「コツ」がありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。
まず、まだ玄米に慣れていない方は、白米と混ぜて炊く、他の具材を入れて混ぜご飯のようにする、おかゆや雑炊・リゾット風にする、カレーライスやとろろご飯にする、など調理方法を工夫することによって、香りや食感をアレンジしてみましょう。

現在は玄米モード付きの炊飯器で簡単に炊くこともできますし、土鍋、圧力鍋を利用すれば、とてもおいしく炊き上げることができますので、これから本格的に玄米ダイエットを始めたい方は、購入を検討してみるのもよいでしょう。

 

6. 栄養価の高い「発芽玄米」を利用するのもおすすめ


「もうちょっと食べやすく、もっと簡単に調理できるものがいいな」という方には、「発芽玄米」がおすすめです。「発芽玄米」とは、玄米に少し水を加えてわずかに発芽させたもので、玄米よりもやわらかく、白米と同じように炊くことができる上に、栄養価が高いのが特徴です。

さらに、発芽玄米には神経を鎮め、血圧を下げ、中性脂肪を抑える効果のある「ギャバ」が、白米の10倍、玄米の3倍含まれており、より高い健康効果やダイエット効果も期待できますので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

7. 気を付けたい玄米ダイエットする際の注意点とは


玄米は食物繊維が豊富なため、体質によっては消化不良を起こしたりすることがあります。よく噛んで食べることを心がけ、下痢や便秘気味の方、胃腸が弱い方などは特に注意することが必要です。

さらに、玄米だけで済まそうとせず、野菜や海藻などのおかずも一緒に摂取することも大事です。日本の古き良き伝統食である、「玄米プラス一汁一菜」を基本にして、栄養バランスのとれたヘルシーなダイエット生活を心がけてくださいね。

 

あとがき


いかがでしたか。ダイエットの大敵のように思える炭水化物ですが、白米を玄米に替えるだけで、ストレスなく健康的にダイエットできるなんて、ご飯好きにはぴったりのダイエット法かもしれませんね。

今回は「玄米ダイエットする時に考えたい7つのポイント」をお届けしました。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

まとめ

  1. 日本の伝統食「玄米」を使ったダイエットとは
  2. 食物繊維が豊富な玄米で食べ過ぎ防止&デトックス
  3. 血糖値をコントロールして脂肪を溜めない体質に
  4. 健康効果も期待できるヘルシーで安心な玄米
  5. 苦手な人でも大丈夫!玄米のおいしい頂き方とは
  6. 栄養価の高い「発芽玄米」を利用するのもおすすめ
  7. 気を付けたい玄米ダイエットする際の注意点とは

スポンサーリンク 


Speak Your Mind