アサイーでダイエットするときの7つのポイント

アサイーでダイエットをするときの7つのポイント_Fotor

最近”美容”のためにダイエットを考える女性が多くなっています。彼らのゴールは決して「ただ痩せるだけ」ではありません。「健康的に」「キレイになる」事が最終目標。そんな”美容系ダイエット女子”に特に注目されているのが「アサイーダイエット」です。

なぜ人気なのでしょうか?美容・ダイエット効果を引き出すためのどんな工夫があるでしょうか?アサイーダイエットの注意点はありますか?
そんな点を分かりやすくまとめてみました。是非ご参考下さい。

スポンサーリンク 


*アサイーって何?

アサイーとはブラジルのアマゾンが原産のヤシ科植物の事です。見た目がブルーベリーみたいで”アサイベリー”と呼ぶ事もあるようですが、ベリーの一種ではありません。ブラジルでは昔から地元の人たちが貴重な栄養源として活用してきた果実なんです。アマゾンの過酷な環境で育ったアサイーは豊富な栄養素を含んでいるため「スーパーフルーツ」「スーパーフード」と呼ばれてきました。アサイーの実のうち食べる部分は皮の部分のみ全体の約5%ほどしかありません。この”5%”の部分が凄いんです。含まれている栄養素を見てみると

  • ポリフェーノールが赤ワインの30倍
  • アントシアニンがブルベリーの5倍
  • 鉄分がレバーの3倍
  • カルシウムが牛乳の2倍
  • 食物繊維がごぼうの3倍
  • ビタミンEがカボチャの3倍

その他にも必須脂肪酸やミネラル等が含まれています。なんだかスゴイ果実である事が数字からも伝わってきますね。

 

*アサイーダイエットが人気な理由:「美容効果」

もちろん最初に挙げるのは「美容効果」です。例えばアントシアニンはコラーゲンを結びつける効果を持つとして知られています。また、シワやたるみ防止といったアンチエイジングに効果があるとされるポリフェノールが赤ワインの30倍も含まれています。更にはオレイン酸のシミ・くすみ解消効果や、更にはポリフェノールの抗酸化作用も注目ポイントです。
こうした魅力的な栄養素に加えて、アサイーダイエットが多くの女性を引きつけるのはその「美味しさ」です。アサイーは南国の果実だけあってフルーツ等との相性が抜群なんです。「デザート感覚で食べれる」と大人気です。後ほど紹介しますが、クセも少ない果実なので「アサイースムージー」や「アサイーヨーグルト」などいろレシピを試す事が出来ます。美味しくて、ダイエットにも役立って、更にはキレイにもなれる。。これはもう始めるしかないですよね?

 

*アサイーの「ダイエット効果」

実はアサイー自体には食べただけで痩せるような(エゴマや希少糖のように)成分が含まれている訳ではありません。でもダイエットの効果は多くの人に知られています。それは含まれている幾つかの成分と関係があります。

例えば、大量に含まれる「ポリフェノール」の抗酸化作用により、体外に内臓脂肪を排出されやすくなります。食物繊維(水溶性食物繊維)も多く含まれていますから満腹感をもたらし間食を防ぎ、腸の運動を促進し糖や脂肪の吸収を抑制してくれます。

これらの効果が相まってダイエット効果を生み出しているんです。身体の自然リズムを活用して痩せて行くのですから安心できるダイエットとも言えるかもしれませんね。
スポンサーリンク 



 

*アサイーダイエットをするときの7つのポイント

 

適切な摂取量を守りましょう

アサイーは決して低カロリーの食べ物ではありませんし、それだけで痩せてゆくというモノでもありません。先ほども紹介したようにアサイーは果物との相性がとても良い果実です。それでついついフルーツを入れすぎてしまうと糖質過多になってしまいます。

摂取カロリーが消費カロリーを超えないよう注意しましょう。シリアルと一緒に食べる方法が良く紹介されていますが、シリアルって結構カロリーあるんです。よーく気をつけて摂取してください。しかし別の観点で考えてみると「美味しい」というのはとても良い事です。

大方のダイエット食材は低カロリーだけど”美味しくない””食の進まないもの”ばかりです。これが原因で続けられなくて挫折する人は多いはずです。その点アサイーダイエットは「美味しい」ので続けやすいダイエットだとも言えますよね。

 

アサイーは加熱処理に弱い

アサイーの成分は熱の加工に弱いという弱点があります。熱を加えてしまうと成分の多くが分解・変化してしまいます。せっかくの高い栄養素を摂取できなくなってしまいます。できれば熱を加えずに調理する事をお勧めします。勿論日本で生のアサイーを食べる事は大変に難しいです。

それは、そもそもアサイー自体が劣化の早い果実だからです。オススメは冷凍のアサイーです。インターネット等で販売していますので探してみてください。

 

アサイーの品質に注意しましょう

インターネット上では様々なアサイーが売られています。しかし商品によって品質が全然異なりますので注意してください。「有機JAS」マークが付いているものをお勧めします。有機栽培の厳しい基準を通ったものだけがこのマークを漬ける事が許されています。安全で安心できる一つの目安になると思います。また商品に何が添加されているかもよく確認しましょう。決して安いだけのアサイー製品を買わないようにしてください。

 

「満腹効果」を上手に活用しましょう

食べてから満腹を感じるまでにはいくらかの時間が必要です。おいしいのでパクパクと食べてしまっては満腹感を感じる頃までに”食べ過ぎ”状態になってしまっていることでしょう。十分に朝食の時間を取ってゆっくり食べましょう。

出来れば2,30分かけて食事を行なうように努力してください。またヨーグルト等と一緒に食べるのもオススメです。ヨーグルトが満腹感を更に演出してくれます。

 

食物繊維を上手に活用しましょう

先ほど書いたようにアサイーには沢山の食物繊維が含まれています。アサイーに含まれているのは「水溶性食物繊維」です。これは他の食材に絡み付いて腸が栄養を吸収するのを抑制してくれる働きがあります。

しかし、水溶性食物繊維だけでは十分に効果を発揮する事が出来ません。もう一つの「不溶性食物繊維」も摂る必要があります。これは水分を摂って膨らみ、腸の動きを活発化させて排出を促す効果を持っています。

この二つの食物繊維の働きが合わさり腸内の状況を改善されることで、ダイエットや美容の効果を発揮します。二つの食物繊維をバランスよく摂取するよう心がけましょう。ちなみに「不溶性食物繊維」はインゲン、おから、小豆といった豆類に多く含まれています。

 

アサイーの美容効果を十分に発揮させるために

アサイーにはいろんな食材を組み合わせる事が可能です。その組み合わせ次第ではアサイーとの相乗美容効果が期待できます。例えば、バナナと豆乳でスムージを作れば、バナナのカリウムと食物繊維、豆乳のイソフラボンがプラスされて一層お肌への効果が期待できます。

または、グレープフルーツなどと共に食べる事でビタミンCプラスする事もできますね。更には、人参などと一緒にスムージーにすればカロテン効果で肌のコンディションを整える点で効果が期待できます。いろいろ試して”マイ美容スムージー”を作るのも面白いですね。

 

朝食にアサイー

胃が最も効果的にフルーツの栄養を吸収するのは朝一番の食事の時です。特に面倒な調理もいらず簡単食べれるのがアサイーの良い所ですから、比較的忙しい朝の時間にはもってこいのダイエット食材です。アサイーにフルーツもくわえて爽やかな朝で一日を始めましょう。

*オススメのアサイーボウル
【用意するもの】(量はお好みで)
冷凍アサイー、イチゴ、ブルーベリー、アボガド、ココナツオイル、お好みでグラノーラ等
【作り方】
冷凍のアサイーを軽く解凍します。イチゴ、ブルーベリー、ココナツオイル、アサイーをミキサーにかけます。必要なときは水や豆乳を入れてください。皿に装って上にイチゴ、ブルーベリー、グラノーラをトッピングして完成です。
とても簡単ですよね。水分はなるべく少なめに作った方が美味しいです。是非試してみてください。

 

今回は最近”美容系ダイエット女子”に大人気のアサイーを使ったダイエットを紹介させていただきました。朝食をアサイーボウルやスムージーに置き換えるだけで出来るとても簡単なダイエットです。美味しく、健康的で、お肌にも良いアサイーダイエットをあなたも初めてみませんか?

スポンサーリンク 


Speak Your Mind