ダイエットに不可欠!?代謝アップの7つのポイント

「代謝を上げるには、どうすればいいの?」と疑問をお持ちの方々へ。
「本当に代謝って上がるかな・・・」と気を引けてしまいますよね。
ここではそんなあなたに、代謝アップの効果的な方法について、詳しくご紹介したい
と思います。

スポンサーリンク 


ダイエットに不可欠!?代謝アップの7つのポイント

 

1. 基礎代謝を上げること!


年齢と共に痩せにくくなったり、疲れやすくなることありますよね。実は基礎代謝が大きく関係しているのです。
基礎代謝というのは、運動しなくても生きているだけで消費するエネルギーのことです。

様々な原因によって基礎代謝は低下していきます。主に内臓機能、筋力の低下、
食事生活で身体の体質は変化していきます。
体質が悪くなれば、基礎代謝は下がるため基礎代謝を上げるには体質を変えることが重要になります。
そのためダイエットの成功のカギは、基礎代謝を上げることが不可欠になります。

 

2. バランスの良い食事をすること!


ご存じの通り、基礎代謝は内臓機能が約30%を占めています。
その中でも肝臓活動が約18%を占め、その次に脳が大きく占めています。
基礎代謝を上げるためには、とにかく内臓機能を整えることが大切です。
「内臓機能を整えるって言ってもどうやって整えることができるの?」と思いますよね。まずは一つとして、食事改善をすることです。
下記の方は要注意です!

原因としては、肝臓が疲労してしまったり、食事によって腸が腐敗してしまったりすると栄養の吸収や消化機能が衰えるため、内臓機能が低下していきます。
特にアルコールや添加物等の消化や分解で機能低下を起こします。

また、肉食中心の生活が多いと私たちが持っている潜在酵素と言われる分解酵素が大量に使われるため、代謝酵素が減少し基礎代謝が下がってしまいます。
そのためタンパク質でも豆や魚、植物性から摂るように意識しましょう!
またの食べ過ぎも酵素不足を引き起こすためこちらも注意が必要ですね。

 

3. 体温を上げる!


ダイエットの肝は、身体を冷やさないことです。特に体温が1度下がると基礎代謝は約12%低下すると言われています。

それと同時に体温が下がると、免疫も約20%も下がります。体温を上げるには、半身浴又は有酸素運動が一番効果的です。半身浴ではなく、足を約38℃のお湯に約15分つけるだけでも身体全体の体温は上がり基礎代謝が上がっていきます。

なぜならば、足の裏には体温を調節する機関が備わっているため足を温めるだけでも体温が上がり基礎代謝を上げることができるのです。

また有酸素運動では、ヨガやストレッチまたは始めやすいウォーキングがお勧めです!関節や筋肉を伸ばすことで血液の循環がよくあり、体温が上がりやすくなります。運動を取り入れることで、基礎代謝は上がりますのでダイエット効果をもたらします。

スポンサーリンク 


4. 筋肉を増やす!


基礎代謝を上げるには、特に大事なのは筋肉を増やすことになります。上記にもありましたが、基礎代謝は内臓機能が約30%を占めてしますが、実は筋肉も代謝を占めています。

私たちが普段知っている筋肉というのは骨格筋というもので、その他に内臓筋と言われるのは心臓壁や内臓のことを内臓筋といます。内臓筋を鍛えることは難しいが、骨格筋を鍛えることで基礎代謝が上がり、また同時に成長ホルモンが分泌されるため脂肪の燃焼も促してくれます。
特にインナーマッスルを鍛えることがお勧めです。筋トレやスクワット等でインナーマッスルを鍛えて代謝を上げることがダイエットの成功の近道とも言えます。

 

5. 褐色脂肪細胞を刺激する!


褐色脂肪細胞とは、肩甲骨の周りや首周りに存在しています。通常の私たちの脂肪というのは、余分の余ってしまった場合は栄養を脂肪に変え脂肪組織として蓄積されていきます。それと反対に、その蓄えられた脂肪をエネルギーに分解させていくのが、褐色脂肪細胞という細胞です。分かりやすくいうと、熱を発生させる装置のようなものです。身体の体温維持をするために、脂肪を熱に変え身体を保つ機能の一つです。

そのため、褐色脂肪細胞を活性化させることで脂肪を燃焼させる効果と基礎代謝を上げることができるのです。
「じゃ、どうすれば褐色脂肪細胞は活性化させるの?」ですね。方法としては褐色脂肪細胞が多く存在している肩甲骨や首周りを動かすことです。肩や肩甲骨を大きく動かすように意識しながらゆっくりと回します。

また、褐色脂肪細胞が存在する場所を冷やし刺激することで、体温が下がるという危機を感じ活性されやすいため、特に水泳を取り入れることも大きなコツになります。

 

6. 睡眠をしっかりと取る!


基礎代謝を上げるためには、良い筋肉を作ることがポイントになります。

そしてその良い筋肉をサポートするのは、実は睡眠なんです。睡眠中に成長ホルモンが分泌され、筋肉を修復したりタンパク質を合成したりするため、良い筋肉を作るために睡眠が大事になります。

また睡眠不足が起きると、セロトニンというホルモンが減少します。セロトニンが減少すると食欲に関係するドーパミンのコントロールができなくなり食欲が過剰になり、また満腹感が感じられなくなったりダイエットにとって大きなストレスに繋がってしまいます。

そして睡眠は生活活動代謝が消費されるため、消費エネルギーが促されます。これは寝るだけでダイエットになる!と最近流行っているものですね。
良い睡眠をとるためには理想では平均7~8時間です。またノンレ睡眠やレム睡眠のバランスが取れることが良質の睡眠をもたらすため、寝る前に副交感神経を優位にさせることがポイントです。
睡眠前に、入浴したり灯りを暗くして音楽を聴きながらヨガやストレッチできるとリラックス効果が得られ副交感神経が優位になりますよ。是非寝る前に取り入れてみてください。

 

7. 血行を促す!


私たちは血液から栄養と酸素をもらって、新陳代謝をします。
そのため血行が悪くなると基礎代謝が下がり、また身体に必要な栄養素が回らなくなることで機能低下や冷え、脂肪を増やす原因になります。
血行改善するためには、温かい飲み物やショウガ等の身体を温める食品を取り入れることが大事です。
またその他に、身体を温めたり、マッサージすることも血行の循環を促すのにいい方法になります。

 

あとがき


いかがでしょうか。
ダイエットを成功させるために、代謝を上げてリバウンドしない体質を作ることです。
まずは、ダイエットを楽しんでいただきながら、ストレスのない方法を取り入れてみませんか。
今回は「ダイエットに不可欠!?代謝をアップさせる7つの方法」をお届けしました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク 


Speak Your Mind